環境による建築のちがい

外構、エクステリアデザインを生業としてしていますが、
関わり合いの深い建築にも興味があるため
北欧での 観光よりどちらかというと 建築見学を楽しみにしていました。
もちろん 歴史のある建物も多く
今回の研修では言葉に表せないほど 素晴らしい建築にも沢山出会え、
大変勉強になりました。

本日はデザインの事では無いのですが
明らかに 日本と北欧での構造の違いを見たのでそれについて。

 

一枚目の黒いシャープなビルは、オアスタットの駅前ビルです。

建物に凹凸があるわけでもなくデザイン的にも何の変哲も無い四角いビルですね。

二枚目の写真をご覧下さい、建築中の集合住宅の写真です。

この日は日曜日で建築現場は全く動いていない状態でした。
複数の現場を自転車で見て廻ったのですが工事人を一人としてみることが無かったです。
休日の割り切り感が徹底していると感じました。
その休日の現場を フェンス越しにシャッターを切っていると
変な顔で見られることもしばしばありました。

そんな時に撮った一枚の写真ですが、
「沢山出窓があるな~、この様なデザインなのかな?」と思い写真を撮っていました。
このまま完成すると 外構や外回りはどうすれば・・・?

その後何軒かの現場を視察中にわかったのですが この出っ張りは出窓なんかではなく、
壁厚になる厚みだったのです!
つまり建物が完成された時には何事もなかったように
1枚の写真のような 窓と外壁の面は同じになり、普通の仕上がりになるようです。

北欧の冬は体験したことがないのでわかりませんが、
この壁厚を見ているとなんとなく想像が付きますよね。(私達が訪れた時は真夏です)
恐らく日本の住宅の壁厚では寒くて快適に過ごせないのでしょうね。
このような構造の違いは 気候の違いにしかほかならないのですが

では、室内は外見から想像するより狭いのか、と考えがちですよね。

日曜なので、現場関係者がおらず 少し外から覗かせてもらいました。
さすがデザインの国ですね、とても割り切った考えのように見えました。
ここにキッチンがあるのか?とか
玄関ドアとリビングのマドが一直線で庭先まで丸見えです。
日本では考えれないですが
この割り切りで、全く狭さを感じないどころかすごく魅力的に見えました(脱帽!)。

家の外廻りは写真に収めることができましたのでまた後日 詳しく書き込みます。

これらの構造も、デザインもこの厳しい気候から考え出された結果なのでしょう。

ちなみに、壁厚の件で後日ガイドさんにお聞きしたのですが、
北欧では壁厚は32センチとお聞きしました(もし勘違いでしたら、スミマセン)
すごい厚さですね。
お国変われば、事情も変わり結果デザインにまで波及してくるという事ですかね、、、

 

次回書き込みもドンドンしてまいりますので、宜しくお願いします。

 

 

デザインの重さ

このところエクステリアの話でも外構の話でもなくて、
プロダクトデザインや色彩の事が多くなり本当にすみません。
ですが 私自身は 外構をデザインするのに大切な事と思い書き込んでいます。
巷にエクステリアや外構デザインの事についての書き込みは多数あります。
私もエクステリアデザインを手がける立場にありますが、
これからも少し別の視線や考えで書き込んでいき、
尚且つ他と違うブログが書ければと考えてますのでご了承下さい。

 

さて、またまた北欧で見てきた
パブリックデザインとプロダクトデザインについてになります。

写真をご覧下さい、デザイン自体が生き生きして見えませんか?

 

ブランコと風防?
乗って遊ぶ遊具ですが どれ一つ取り上げても日本との違いを感じられずにはいられません。

では、「この違いは何なのでしょう?」いくら考えても明確な答えなどでてきません。
公共デザインを取り巻く 気候的背景や社会的背景の違いぐらいしか思いつきません。
やはり長い時間掛けて培われてきたお国柄という事が大きいのでしょうか。

お国は違えど、当たり前ですが人がデザインしているのですが
違いは歴然です!

ちなみに 北欧は物凄く高い税金が有名ですね。
公共の施設を計画する時に 実行予算を無視することは絶対にできないでしょうが
詳しくはわかりませんが
予算組までもがしっかりなされているから
デザイナーはデザインに没頭できる環境なの?と考えたりもしますが
お金があるから良いデザインが成立するとも限らないです。

 

北欧デザイン、奥が深いです

現時点で自分なりの答えは出せていませんが、こうして何度も何度も文章にしていると
少しずつですが 紐解けてきそうな気もします。(ゆっくりですが)

普段 エクステリアデザインや外構デザインの事を考える時に必要なのは
ヒラメキと現実の折り合いだと考えていますが、
北欧の皆さんの作品を見ているとヒラメキの方がかなり優先で
現実の方はと言うと少し後回し的に見えます(これは褒め言葉です)。

自分の創る作品もそうスタンスで創造していければと憧れがありますが ぜひ実現して

ヒラメキ > 現実の思想で創造してまいります。

 

 

 

 

 

デザインデイテール 

オアスタットのとある公園での写真です

 

今回はこの2枚の写真についてお話します。
別の遊具等も写真を取ってきましたので 後ほど紹介致します。

現地で最初にこの2枚の写真を撮ったのですが、
毎度のことですが色使いに感動しました。

写真撮影時は曇り空だったのですが、
どんよりした感じの中でも とても色が映えて見えますね。
さすが太陽の日差しが少ないお国柄ならでは ですね。

緑色のベンチなのですが、角のデイテール部分をご覧下さい。
日本では恐らくこのアール付けでは了解してもらえないでしょうね。
もう一つの卓球台もご覧下さい。
四隅の角が危なくて 日本でこれは了解してもらえないでしょうね。
卓球台の足元の芝生が擦り切れていますので 普通に使用されていると思いますが
お国違えば良しとなるのでしょう。

日本のエクステリアメーカーさんに言わせると、
危険だと言う事だけで 全くもって受け入れる事は無いのだと思います。

実際に現物を目の前にして思うことは、
使用する人が気をつけて使用頂くしか無いのだろうと感じました。
これらの遊具やベンチで人々が困った事に陥っているような感じでも無く
皆さん楽しそうに遊んででおられるようでした。

何度もこのブログで書き込んできましたが、
使用者が大きな怪我をしたり使いづらい物を造って「デザイン」でも無いのでしょうが
その部分の気遣いだけに意識が集中してしまい、
楽しい物や美しい物ができなくなるということにも
全く問題がないとも言えないのではないかとも考えてしまいます。
大事な 安全とデザイン
確かに、この部分の折り合いはどこで線引をすれば良いのかという点は
非常に難しい問題だと思います。
ただ、皆さんがこの公園で楽しんでおられる姿を見ていると、
目の前にある遊具やベンチは 全く問題無いのだろうと思いました。

日本のデザインもとらわれから開放されて、
もう少しおおらかに考えられれば
各メーカさんのカタログ商品が ほぼ同じとはならないのでは?

実際、今回のデザイン研修ではそのように感じる事が非常に多くありました。
私自身、日本でエクステリアと外構デザインをしているのですが、
sotoDesignでは、皆さんが楽しくなり美しいと思えるデザインを優先して
他で目にしないものを ご提案できるよう注力して行きたいと思います。

 

 

 

築山(小山)の使い方がちがう

デンマークオアスタットという街での写真です。
新市街の前衛的な建築や面白いパブリックスペースが沢山あるので有名なスポットです。
現在も建築ラッシュであちらこちらで工事等が行われています。
ここでは 気になる建築やその他沢山紹介したいものが沢山ありますが
順番に紹介していきます。

今日は 物では無く日本と北欧での築山のあり方について少しをお話します。

北欧ではいたるところに人工的に築山のような
高低差のある小山みたいなものが見られました。
日本の造園の技法の一つ 築山のようです。

 

                                               

日本での築山の考え方としては
限られた敷地の中で、広さを演出するために築山をしつらえたりします。
また そこには景石や植栽も沢山取り入れて
庭を創り上げていくことがほとんどです。

一方ヨーロッパでは
高低差の無い平らなところに 突然隆起してきたような小山を造ってあるのを目にします。
その小山の収めが方(流儀)が
日本とヨーロッパでは少し考え方が異なっていると感じました。

例えば築山の頂点から下り 平坦な場所へと切り変わる部位には
見切り材(芝などが思いもよらない所まで伸びないようにする枠のようなも)など全く無く、
しかも同じ材(芝など)で平らな地面まで仕上げてあることが多いです。

日本的な考えですと、
まず高い場所(築山)があるのだからその他の部位は低地となります。
低地と言えば 川や池ということで 枯山水等という考えになっていくのですね。
日本の庭は その場所で全てが完結してしまわなければならないという考えですが

ヨーロッパの考えは
決してその場所から見えないところへも続いている、という風な考えなのですかね。
見える部分で完成したものを見せる、
もしくは見えないところにも期待させるという方法の違いでしょうか。

私自身、ヨーロッパ的考え方も嫌いでは有りません。
普段のデザイン思考中には 無意識にヨーロッパ的考えで進めている事も
しばしばあるようです。
なにより同じ材料(芝などで)築山から地面迄の全てを造る方が
シンプルに収まり 好印象になる事も沢山あると思います。

このように風景の一部として見える小さな小山(築山)だけ取り上げても
日本とヨーロッパの違いは確実にあると感じたうえで、
外構のデザインにも応用できる考え方だと強く感じましたので
今後のプラン作製時に活用していければと思います。

高槻市、Y様邸着工

本日、高槻市のY様邸の着工立会にうかがいました。

 

初回打合せは去年の秋でした。
現調へ行った時も さら地でなにも無い状態でした。
少し時間をいただいて、ゆっくりじっくりプランニングさせていただきました。

ありがたいことに、最近お客様の傾向としては これまでよりかなり早い段階で
お問い合わせ頂く傾向にあります。
時間に追われること無くじっくりとプランに打ち込めるのが 非常に嬉しいです。

Y様邸も今年の初め頃にファーストプレゼンを行い、
何度かの変更をへて このたびご契約に至りました。
建物竣工は6月初め頃に終えていたのですが、
私どもの都合で 本日エクステリア工事着工となりました。
お待ちいただきありがとうございました。

今回も外構デザインにおいて 色々ハイライトはあります。
厚み分ずらして配置した壁、
その壁の仕上げは浸透性透過塗装と直角に曲げたオリジナルステンレス表札等々です。
いつもの流儀で、オリジナル表札以外は 街で見かける普通の素材しか使用しておりません。

完成後、この街でどの様に映るか、道行く人達の目にどう映るのかがたいへん興味深いです。
(ご近所、通行人さん達にアンケートで聞ければよいのでしょうが)

お客様の大切な家、満足を頂ける施工を心がけ工事を進めさせて頂きます。

本日着工したばかりですが完成が楽しみです。
完成報告ブログはお客様に了解をとり 書きたいとおもいます。
まずは
暑い中の施工ですが スムーズに進むよう願います。

 

色使いが絶妙!(トーン)

北欧へ行って見たい、では行ってみようとなったきっかけは
もちろん デザインの見聞が主な目的でした。
建築やプロダクトデザイン はたまた自然とデザインが
どの様に関係しているのかに興味があり 今回の研修実行となりました。

もちろん色彩も豊か(大自然も創造した物も)だと言う事は承知の上での研修でしたが
見てきたものを何度も何度も頭で思い返し 写真で見直しても、
色の使い方と言いましょうか
色彩感覚と言いましょうか、日本と北欧には歴然な差を感じました。

この歴然な差はブログにも何度も書き込みましたが
私自身、よほど色彩の件が心の残っているのでしょう。
帰ってきてから色々なものを整理していて、何時も気付かされる事は
ポストカード一つ見ても「この色いいよな~」となってしまいます。

 

果たして 日本人にこの色使いが自然にできるのでしょうか?

今後の 当ブログでの書き込みも予定しておりますが
日本のIKEAと本場IKEAの商品の色使いも明らかに違いました。
時間の関係で駆け足で店内を見て廻ったのですが違いが分かるほどでした。
日本人と北欧人の色の好みがなぜ違うかどうかまでは勉強できていません

なんか国民性などと言う言葉で片付けたくないですね、

その色使いについて、私達が携わっているエクステリア及び外構に言えることですが
タイル、石材、アルミ、鋳物、塗り左官等々色々な素材を使用してプランしても
日本にあるそれら材料の色味では 写真のような素敵なトーンは含まれていません。
もっと故意にこれらの色を積極的に取り入れていっても良いのではと心から思えます。
色でもっと楽しめればと。

これらに刺激されsotoDesignのよく使う 差し色の使い方も変わっていくでしょうし
また 得意とする創造の部分でもかなり色の影響が出そうな予感です。
なんとなくイメージは「大人ポップ」的な感じです!(何時も感覚的でスミマセン)

自分自身が色についてこんなに感銘をうけ、また影響されるとは考えてもいませんでした。
自分が一番おどろいています。
色彩によるデザインへの影響の大きさ、
色彩(色の使い方)のみでデザインすることも可能なのではと考えさせられてしまいます。
もちろん 私達の創る外構デザインには色だけで表せるところに限界はありますが、、、
そのくらい色彩にはパワーがある事を実感して帰ってまいりました。

色々具体的なことも頭によぎり始めていますので、
ちかく実際の外構を創り 皆様に見て頂けたらなと思っています。

 

 

 

 

樹木医さんとのお話

このブログで何度か紹介させてもらったことのある、
㈱金岡摂陽園の社長であり樹木医でもある
金岡社長に色々とお話や打合せをさせて頂きました。
(勿論 直近で植えなければいけない植物についても打合せました)

当社先代の頃からのお付き合いで、私自身が子供の頃から知ってはいますが
事務所に来てもらい 仕事の話をすることは一度もありませんでした。

 

いつもは 金岡さんのお店や畑で世間話やちょっとした事を話すぐらいで、
席について時間をとって ゆっくり話をすることは記憶にはないです。
今日はどうしても見て頂き、聞きたいことがありましたので、無理いってお越し頂きました。

それは、先代が大事にしていた黒松の調子の事です。
会長が亡くなってから ここ数年 なにか調子がよくなくて
だからといって 全て枯れるわけでもなく、、、

金岡社長に見てもらい 第一声目に「松の材線虫やね」

大量に入っているのではなさそうなので 自分達でもできる処方を聞いて
当社職人と実行していきます。
第一次の手当完了までだと 晩秋ぐらいまで掛かりそうです。
それでも絶対に大丈夫だと言えないらしいですが、先代が大事にしていた黒松ですので
出来る事はすべてやりたいと考えております。
無事回復した暁には またみなさんにご報告したいと思います。

松を診てもらったあと
数日後より着工する高槻市の新築エクステリア工事の植栽についての相談と
吹田市のお庭の大きな物件で 植栽工事のご依頼いただいているので
こまかな内容を プロ同士相談をさせて頂きました。

今回 普段使用している樹木の規模ではなく、
高さ5メートル級の樹木を 多数扱わねばならないので
自分自身で植栽計画した図面をCADで回しながら詳しく説明し
その後 金岡社長にご意見をお聞きしました。
自分よりはるかに経験のある植木専門の方のご意見
自分が想定するのと 全然違う樹種が出てくるのかなの思いましたが、
基本的には
自分の考えた植栽プランを認めてもらい、少し安心しました。(勿論変更点もありました)

大きな樹木を扱うプランなので、
現場への取り込み方法やクレーン業者さんへの取次まで
しっかり打ち合わせることができました。背中を押してもらえて 一安心しました。
図面はほぼ完成していて 後はお見積り関係の作成、そして今週末のプレゼンに挑みます

精一杯やってみます!

仕事の話を終え 世間話や先代との昔話し、樹木医になられた経緯等々
あらためて色々なお話が聞けました。
普段 聞く事が恥ずかしいような初歩的なことも親身に教えていただき確認できました。
本当にうれしく ありがたかったです。
当方事務所にお越し頂いたうえ、特別講習を贅沢に一人で受けさせて頂いた気分です。

今日は有意義な時間を頂きました、
㈱金岡摂陽園社長の金岡さん、本当に有難うございました。
このブログ書き込みの最中にも
帰社されていた金岡さんから早くも見積もり資料が送信されてきて お電話まで頂きました。
後日 金岡社長達に植え込みを共にしていただく約束です。
現場でご一緒できるのを楽しみにしています。
心強く 学ばせていただけることがきっといっぱいあるでしょう。

まずは、sotoDesignがお客様に良いプランを提出してご満足いただくこと。
初回プレゼン、より一層力を入れて参ります。

「金岡社長、頑張ってきますね」

 

新、旧のマンホール

遠路はるばるヨーロッパまで行ったので、
日常の生活で普通に目にするような物も見てきました。

今回はマンホールです。街なかでマンホールに向かって写真を取りまくっている姿は
現地の方には 滑稽にうつったでしょうね。

さて日本とヨーロッパでどう違うのか、又は旧市街と新しい街での違い等を
気にしながら見てきました。まず二枚の写真をご覧ください。

 

四角いマンホールって日本では見かけないですよね。全国のどこかにはありますか?
大きな違いと言うのは四角いという事ぐらいですか、、、

多少大きさも違うかなというぐらいです。
素材も鋳鉄のようですので お決まりのサビが浮いています。一見では同じような物に感じました。

ただ、四角いマンホールは日本で見た記憶がありません。
シンプルモダンのデザイン依頼が多いsotoDesignとしましては
四角いマンホールは好意が持てました。シンプルデザインには取り込みやすそうです。

写真でも 新しい街のマンホールの写真の廻りには 方形の平板が敷いてありますので
スッキリ収まっている事が確認できます。

自然石で囲まれた丸いマンホールが旧市街のものです。
廻りに使用されているピンコロ石との相性は抜群です。
目地に生えた雑草が 何ともよい雰囲気を出しています。

現時点では 丸いマンホールと四角いマンホールの使い分けの真意はわかりませんが
(調べてくればよかったな)
これはこれで、各々の街になじんでいるのかなと思いました。
使用場所により丸と四角を選定できる設定にでもなっていれば脱帽ものですね。

この四角いマンホールは 現在建築ラッシュ中で最新の建築が多く集まる
デンマークのオアスタットという街で見つけたものなので、余計な憶測が入ってしまいます。
何にしても、マンホールだけでも楽しめました。

次回の書き込みは、地面からもう少し上にある面白いもの見つけてきましたので
それらの紹介を考えております。
早くダイナミックな建築や風景を紹介したいですが、
とにかく観てきた所と数が多すぎて
中々お見せしたいところまでたどり着けませんが もう少しお付き合いください!

 

自然石、扱い方のちがい

今日はコペンハーゲンにて見てきました石の話をします。

噂には聞いておりましたが、石また石またまた石の世界です。

 

二枚の写真をご覧下さい。
地面から隆起した石をそのまま使用しています(ダイナミックですね)。

多くのものはもっと規模が大きいです。
写真に収めようと小さい物を探して撮ってきました。
街の至る所に このような石塊を見ることができます。
そのまま使うことで 街の雰囲気も壊していないですよね。

自然隆起したか、この石の柔らかいところだけが侵食されて残った石だと思いますので、
デザインでは無いと思いますが、、、
むしろ解体撤去の時間と手間等を考慮してそのまま使用しているのだとも思います。
でも 何とも自然で 無理なく美しいですね。
人々が腰掛けれる場所にもなっています。

何度でも言いますが、これで良いですよね。充分 事足りています。

過去の偉大な建築家達は自然に手を加えないこと、
共に共生することが最も大切であるとも 説いておられます。

ここで一つ思うことは、地面全体がこのような岩盤でできているので、
古い建物もそのまま健在ですし、
新しく建てられた建物も日本では考えられない程
アクロバティックな物が多い要因なのかとも考えました。

基本的には、地震が少ないからできることなのでしょう。
(たとえ揺れても 岩盤が硬いので びくともしないのでしょね)

日本ではこの考えは通用しません。
実際 外構デザインする時にも
強度の事ばかり考えて表現を抑える事が幾度となくありましたので、、、
そういう面で考えると 地面が強固であること、強度の心配が少ないという事は
そのこと自体が 少なからずデザインに影響しているのだろうと感じました。

この石塊では
ワンポイントの赤い植ますが 自然石の中で差し色効果をもち雰囲気作りに貢献しています。
もちろん地被植物は自然発生なのでしょうが、、、

今後の書き込みで出てきます石を使用した建築や石の様子は 格別なものがあります。
中には、信じられないぐらいの作品もあります。
さすがヨーロッパ圏、創造も上手ですが、自然を利用するのも本当に上手ですね。
お国柄の違いをひしひしと感じる光景でした。

 

北欧で偶然 見つけたのは

蒸し暑いですね。
九州地方のこの度の豪雨災害で お住い方のご苦労を思うと胸が痛いです。
地震の後 雨の災害となると ますます不安でしょうね。
一日でも早く 落ち着いてくるといいのですが。

 

 

「みーつけた!」

       

 

最終日、ヘルシンキのホテルから地下鉄で空港への移動中に見つけた
コンクリートの壁の写真です。
美しいですね。
飾りは不要 これだけで十分だと思いませんか?

sotoDesignでは日々色々なものを設計させて頂き、実行させて頂いております。
(何時もご理解頂いているお客様に感謝、感謝)

色々な思考をしながらプランに取り組んでおりますが、
以前から どこか心の奥底で少し引っかかっている事がいくつかあります。
そうです 厄介物の普通CBブロックです。
安物の代表格であり皆さんから敬遠されている かつ
予算を抑えるための常套手段的な扱いをされている普通ブロック!!
シンプルで良いと思うのだけど
この普通CBブロックをなんとかできないか? というのも色々ある課題のひとつでした。

 

sotoDesignの考えでは 外構において
普通CBブロックという素材はマイナスイメージではないと考えており
むしろ上手く使用すれば、十分メインの素材で使えれのではないかと考えておりました。

ではこのブロックの良いところ、悪いところを考えてみましょう

欠点は?

① いかにも普通

② 色なし(グレーなのですが皆さんは色なしと捉えているみたいです)

③ 安物っぽく見える  などですね。

長所は

① 安価

ぐらいですかね(sotoDesignの印象です)。

 

それで検討し始めたのが、透過浸透性ペンキ(屋外対応、コンクリートに塗布可能)。

透過性であるので素地のムラも上手く得られます。
塗り潰し塗料の場合はこの感じは得られません。
カラーも約20種類程ありますし、化粧ブロックやタイル貼り施工よりもコストダウンできます。当事務所と幾つかの物件で使用していますが 個人的には安物だなと言う感じはありません。

あまりにも 影で土木土木に使われてきた普通CBブロックが こうしてメインの壁にも使えるようになる。

sotoDesign的に言えばむしろ、
数々ある化粧ブロックよりずっとシンプルでとても良いものだと思います。
これなら皆が手軽に使えますよね。

 

この浸透性透過ペンキ実ににシンプルです。タイルを貼ったり、左官で仕上げたりせず
無数にあるカタログ商品でもなく、、、

sotoDesignで今、一押しです!!
以前にもこのブログの中で 書いたとおもいます。
2017年6月5日のブログ 「材料について~普通ブロックと塗料」

今回の研修で現場管理が不可能になるのでお待ち頂いているY様邸という物件があります。

たまたまですが
こちらのY様邸外構でシースルーの下地が透ける この浸透性ペンキを使用する予定になっております。Y様に現物もご確認頂き 今回この塗料の使用許可いただいています。

現場完成後は写真にてご覧いただいますのでお楽しみに!

一週間強のデザイン研修で足の爪が青じむくらい色々なところを見て廻りましたが
最終日の こんな場所で浸透性ペンキに出会えるなんて思ってもいませんでした。
(私の注意力がなかったかな)

写真をご覧下さい、下地がすけて見えてとても美しいと思いませんか?。

この写真では正確にはRCコンクリートの打ちっ放しに塗布されているのですが
次回のY様邸では普通CBブロックそれも縦目地は付き合せ(専用のブロックがあります)
これ以上シンプルな仕様はないかな?と 考えています。

Y様邸、完成が今から楽しみです!!