月別アーカイブ: 2015年7月

建物の会社と別の所に外構を頼める?

住宅メーカーさんで家を建築された方

外構業者さんを 住宅メーカーさんから紹介されたり
住宅メーカーの中の 外構担当部門を紹介されたりしませんか?

知り合いに 外構業者がいるという方はあまりいないと思うので
紹介だし おかしなことにならないだろう 連携もできるのだろう と
その提案で 外構をお願いする ということ 多いと思います。
それについては以前にこんな記事を書きましたので こちらをご覧ください
「エクステリア業者の選び方」http://g-net.main.jp/blog/?p=15

ちょっと このころの記事 とがってます(笑)
あくまで一個人の見解で いろんな考え方はあると思いますが
よかったら 参考までにご覧ください。

ついでに 価格について こんな見方もありますよ
というのも書いたことがあるので こちらもあわせてどうぞ

エクステリアセット販売(住宅と一緒に外構を注文した時)http://g-net.main.jp/blog/?p=76

住宅メーカーに在籍していた者の 考えです。
何度も言いますが 個人的な見解ですが・・・

さて
住宅メーカーさんのご紹介以外に 自分がデザインを頼みたい業者を見つけたときに
心配なのが
施工を建物建築の後 スムーズに施工していけるのか
取り合いの部分とか うまくいくのか
など 引き継ぎの部分ではないでしょうか?

sotoDesignは 下請け業務をしていないので
施工注文いただくお客様は 100%、
住宅メーカーで家を建設して 外構工事をうちで注文された方々ですが
これまでに 引き継ぎや段取りで 住宅メーカーさんやお客様とトラブルになることは
ありませんでした。
住宅メーカーの工事担当さんや営業さんと 連絡する必要があれば
お客様を通して最初の連絡をしていただきますが
べつに なにもなくスムーズに日程や必要な業務連絡をする程度で
外構の工事へと移行していきます。

特にむつかしいことは無いように思いますが
お客様のはじめてのことですので ご不安はお察しできます。
ご相談などありましたら 遠慮なくお尋ねください。

逆に sotoDesignのことを 住宅メーカーの営業さんに自慢してくださるお客様も
なかにはいらっしゃいました(笑)。
図面をみせて 営業さんにも「仕上がり楽しみにしています」と
言っていただいたことも・・・

それはとてもうれしく ありがたいことで
よりよく施工したいと 気合の入る出来事でした。
信用は施工でお返し できたかなと思っています。

ご質問がありましたら ホームページの一番上に MAIL ボタンがあるので
メールでも もちろんお電話でも
ご質問受け付けております。

夜のエクステリア

もちろん 折衝しているときは 昼間のことが多く
建築地での 昼間の様子を見ながら プランをご説明するのですが

ご家族が とくに家の主であるご主人が帰宅されて
家を眺めるのは 夜の様子ではないかと 思うのです。

あぁ 帰ってきた
そう思いながら門を越えて 玄関へ向かう その時間
家と外とのリセットの時間を
夜のエクステリアが 演出できればいいな などと考えます。

なので 夜景はとても重要。

S-6

こちらのお宅はウェブマガジン「homify」に掲載したものです。
そのほかの詳しい写真は こちらをどうぞ→homify sotoDesign(https://www.homify.jp/projects/59216)

 

こちらも印象に残る夜の表情です。

Y-1

 

こちらは 中央の立柱の間を抜けて玄関へむかうのです。
詳しくは sotoDesign HPにあります
sotoDesign Takeda house (http://g-net.main.jp/w1d_takeda.html)

 

こちらも シンプルなので 夜のほうが表情豊かに感じるほど。
とても素敵です。

20140902002

こちらも HPにありますので
昼の様子と比べてみてください。
sotoDesign Ogita house (http://g-net.main.jp/w1k_ogita.html)

 

もう一軒 撮影に行かなければ と思っているのが こちら。
YE-7

ちょっとわかりづらいですね。
また ちゃんと夜景を撮影してきます。
明るい時の様子は こちらをご覧ください。
homify sotoDesign Yoshida house (https://www.homify.jp/projects/59236)

夜景の演出は デザインする側としても楽しみな部分でもあります。
端正に緻密に施工できていないと 人の目は厳密で
ずれや ぼろが見えてしまう可能性があるからです。
施工力の自信が 夜景の表現にも表れますね。
ゆっくりながめて 癒されていただきたいと思います。

エクステリアオリジナルプロダクト sotoware

ホームページであまり目立たないのですが

他社のエクステリア施工会社では あまり見受けられない形の

オリジナルエクステリアプロダクトがあります。

 

これはすべて 弊社デザイナーによるオリジナルプロダクトです。

エクステリアではあまり使用されない素材を使っています。

もちろん 長期使用するなら おすすめできる素材ではありませんが

たまに色を変えたりパターンを変えたりして 交換していこうと

お考えいただけたら ちゃんと実用できるものだと思います。

とかく

一度設置したら 半永久に使用可能なんて考えている方も多いですが

屋外で使用するものには やはり耐久性にも限度が有り

適度に交換する必要はあるものだと お考えいただいたほうが

いいかもしれません。

 

 

こちら おばけのアニメキャラクターに似てます(笑)」

これは「こんな発想もできる」とお伝えしたくて作った 門柱です。

 

sotomo1

 

ウェットスーツの生地でできています。肌触りはもちろんソフト

なんともいえないユニークな形です。

また こちらは

sotopo1

 

ポケットのような丸いかたち 黄色の下の部分から出し入れするポストです。

かわいいでしょう?

 

そちてこちら

sotona1_1

アクリルの四角いものを ブロックなどの角に直接くっつけたような形

これは 表札のデザインです。

おなじく こういうパターンも考えました。

sotona2_1

夜間 照明点灯時はこんな雰囲気です。

sotona2_03

店舗のように洒落ていて 個性的ですよね。

いかにも「サイン」といった感じです。

 

正方形 立方体は以前からテーマに度々使っていますが

照明にも デザインしてみました。

こちらです

sotola1

コンクリートの台座にLED そしてガラス

夜はこのように光ります。

sotola03

なかなかシンプルでスタイリッシュなものってないし

あれば 高価です。

以上の製品はすべて 想像以上に安価に製作して ご提案しています。

くわしくは ホームページのこの部分へ

オリジナルプロダクト「sotoware」 http://g-net.main.jp/products.html#sotomo