月別アーカイブ: 2017年2月

LIXILコンテスト金賞受賞作の思い出

登録しているエクステリアポータルサイトで
弊社掲載物件で 今週一番見られた作品が

現LIXIL 旧東洋エクステリアさんの施工コンクールで
全作品中 門まわり部門での金賞を受賞した I様邸になっていたので
あらためて写真を見ながら 当時のことを思い出しました。
なにしろ受賞年が 2004年ですからかなり前の話です。
むかしの受賞を いつまでもひっぱるのも格好悪いので
もういいかげん削除してもいいのですが
この作品は 弊社らしい形で きちんと評価された受賞だったと思うので
今も 施工例に残してあります。

その施工例は こちらからご覧になれます
I様邸 (吹田市)

大変 シンプルで大きな作品でもなく
これが1988件の応募作品の中のトップになったにしては
非常に地味な印象かもしれません。
ただ

その後も様々なメーカーさんのコンテストに出品しては思うのですが
うちのように メーカーさんの商品をあまり使用しない会社は
なかなか 受賞されない風潮にあるように感じます。
高価な商品をばんばん使用した高額なエクステリア例が
受賞作品に並ぶのを見ると ちょっとうんざりしてきます。

そういった意味で
この作品の受賞は驚きでもあり会心でもありました。
なにしろ使用商品は玄関前につけているL型の手すりだけ なのです。
それでも
「この作品は 実にエクステリアデザインの基本がしっかりしていることで
群を抜いた高い評価を得た」(審査員評)と書かれたように
デザイン性だけで 評価されたので
作り手としては 大変嬉しかったのです。
それも 当時のコンクールは
一般の方の人気投票を通過したものが 評価対象になっていたので
エクステリアを難しい目で見ている人だけでなく
単純に 綺麗だシンプルだ使いやすい という
一般ユーザー目線でも合格点をいただけたのだと思います。

エクステリアメーカーさんにうけるか 評価を得るか
はたまた高額物件になるのか
ということよりも
必要なデザインをして必要な商品を使用する
その価値は 金額でも賞でもなく お客様の満足度が決めることで
それ以上に大事なことはないはず。

弊社も時々コンテストに出展しますが
ほとんどが いいものが作れたから見てもらいたい!という気持ちから。
ところが なかなか見せたい作品が受賞しなかったりして
伝えられなかったのかなと残念な思いをすることが続いています。
大賞をのがした(地区入選なら毎回通るのですが)のが くやしいというより
デザインの内容をぜひ口頭で説明して 詳しく説明したいものだ という
物足りなさを感じます。
豪華でなくても デザインが優れた作品を選んでほしい
エクステリア業界の向上のためにも。
最近は あちこちで同意見の方にもお会いするのですが・・
とにかく そんな思い出や気持ちがあって
古い作品ではありますが 現在もサイトにアップしています。
時々 こうして人気作品とあがると お!と嬉しくはなります。
これも受賞作だから ではなくて
デザインで受賞した作品だからと高評価していただけたら もっと嬉しいのですが。

そんなこんなの 思い出作品です。

竹本造園 造園部 春の植木手入れ

外構専門のsotoDesignの母体 株式会社竹本造園では
年明けから春のあいだに 松のお手入れ 剪定や消毒と
樹木やお庭の寒肥料やりの作業
それから 年末までに剪定をされていなかったお庭のお手入れをしております。

春から夏へ向かい 暑くなってくれば
新規のお客さまのお手入れが なかなかできなくなってきます。
なぜかというと 固定のお客様のお庭の手入れ剪定消毒の予定が
年内いっぱいに詰まってしまっているからです。
おまけに 屋外の作業ですので天候に左右されることも考えられます。
雨が多い年は どんどん予定がずれて慌てることに。。。
なので 少し余裕をみながら それでもぎりぎりタイトな予定で
年末までいっぱいになっているためです。

なので新規のお客さまや松など手間のかかる樹木(松はもともと3月までの手入れが望ましい)は
この春先までに 作業にかからせていただいております。

また 造園工事やお庭まわりのちょっとしたメンテナンスに
例えば不要な植木鉢の片付け廃棄や 花壇の植替え
その片付けに準じて 高圧洗浄による掃除も行っています。
高圧洗浄は 洗剤を使用しないで水圧だけで たまった泥や砂 ホコリをながし
タイルや土間の汚れや 緑色になったコケなど洗い流すことができます。
リフォームしたようにすっきり明るくなるので 春の明るい日差しになる前に
一気に洗浄すると気持ちが良いものです。
あとは
暑くなるとぐんぐん伸びて困る雑草の対策に 除草シートの施工だったり
水やりのお手間を軽減する 自動散水の設置など
今 やっておくと その時期に活躍してくれる様々なメニューも
今なら 作業させていただけるので 一度お試しいただけたらと思います。

メニュー一覧

☆ 高圧洗浄 (半日)¥6,000

ご自宅のお水を使用させていただき 高圧洗浄機で洗浄します。
その際 不要なものを移動させ 必要なら廃棄いたします。
土間の黒ずみや緑のコケ タイル目地の泥汚れなど こすらずきれいになります。
※ 古いグラベルなど水圧に耐えられないものもありますので 先にご相談させていただきます。

☆ 草引き・低木葉刈り・鉢植えの片付け・花壇作業  (半日)¥6,000

雑草の草引き 胸の高さまでの低木葉刈りを半日作業いたします。
枯れた鉢植えは中身を捨てる もしくは鉢ごと処分(量によって廃棄有料 最大¥2,000まで)
鉢植え花壇の植替え 土をほぐし植え替えます(土交換や植物は実費にて)

☆ 除草シート  (価格は面積によります)

見える雑草をひき 表面の土を少しすくいだし 除草シートをしきます。
ご要望があれば その上から砂利をまきます。
雑草は 日光を遮断されて生えにくくなりますが最初の年は 以前に潜り込んだ種があったりするため
多少雑草が生えてくることがあるのをご了承ください。
材料をご用意いただいていれば作業人夫だけの費用でかまいません。

☆ 松の手入れ  (1日)¥25,000~

安価な植木屋に頼んで後悔された方いらっしゃいませんか?
松やマキなど 技術のいる樹木は専門のものにおまかせ頂くほうがいいと思います。
プロの植木屋による丁寧で確実な作業を ぜひお試しください。
※樹木のサイズによって または いつから手入れしていないかによって
1日で終わらない場合があります。1日でできる範囲で というご相談もお受けします。
松だけ というご希望もお聞きしています。

基本 造園部は剪定や消毒など
専門の作業につきましては 1日¥25,000で作業しております。
ゴミを持ち帰るときには 少¥5,000~大¥12,000となっております。

植木屋もかなり減少しており 何でも屋みたいな植木屋が横行しています。
悪いとは言えませんが 樹木の様子を見せていただくと やはり
専門は専門の技術があると思います。
少し 何でも屋さんよりは高価かもしれませんが
一度お試し頂くと ご納得いただけるとおもいますので
ぜひ お気軽にご相談ください。

もちろん
造園工事 外構工事の設計施工も承っております。