春の庭 草引きを始めましょう

雨が降るたびに ぐぐっと伸びる雑草に悩む季節になりました。

春はうれしいけど
お庭の草引きが憂鬱な方は
たくさんいらっしゃるでしょう。
sotoDesignの母体である造園部では
草引きの作業もさせていただきますが、
簡単なようで、結構ちからもいるし考えなしにやろうとすると
けっこう大変なのです。
少し作業しやすくなるポイントを書かせていただきます。
雑草も いろんな種類があります。
たんぽぽのように まっすぐ下に根を伸ばすものは
垂直に引き抜くのが コツ。
地面の上を 横に這うものや、根が横に広がるものは
指で横にひっぱりながら 抜きます。
そのとき 根をきちんと抜いてしまわないと
またすぐ伸びるのはもちろん
雑草も生きるために学習して より強く太い根を伸ばそうとします。
太い根は 次回の草引きで苦労することになるので
根を残さないように きっちり抜くのが重要になります。
ちなみに雨上がりが 土が柔らかくて
オススメ。
このところ 雨と晴れが繰り返しますが
雨上がりは本当に抜きやすくて嬉しくなります。
そうでない時は、ホースで水をたくさん庭にまいてから
作業すると抜きやすくなります。
そして
ひっぱって抜きにくいときは 道具も使います。
唐鍬(とうぐわ・とんが)で

土を掘るようにして土をゆるめ 丁寧に抜いていきます。
先程も言ったように 根を切り残さないように気をつけてください。
また クワを使うと力余って 地表に近い配管などを破る危険もあるので
それも注意してくださいね。
これから暑くなると蚊も増えてきて ますます草引きしづらくなります。
庭に放置している古い植木鉢に水が溜まっていたら 捨ててしまいましょう。
少しの水でもボウフラが湧いて 蚊の発生がおこってしまします。
不要な植木鉢は 水がたまらないように 伏せて置いてください。
外構の草木の部分にも雑草は生えます。
当然 除草剤を使うと植木にも影響が出ますので
除草剤は使えません。
雨上がりの午前中など 時間を作って
ちょこちょこ草引きをしていただくことで
いつまでも美しいお庭や外構のグリーンになります。
がんばりましょう!

もし プロが必要になれば お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です