外構計画時こんなこと考えています1

色々なお客様より依頼がありますが、当たり前ですが皆様考えや思いが異なります。
その思いを実現するために、私達の様なデザインを考える者が必要になってきます。

その際私自身の中で第一に考えるようにしている事としましては 他に無いもの!!!
と言っても 皆さんが普通に使用しているタイルやブロックを使用している訳です。
つまり、それらをどんな形で使用するかと言う事です。

例えば、床タイルと言えば 順番に並べて貼っていくのがスタンダード。
縦横に目地が入り 皆さんが思い浮かべるあのタイル貼りになります(これ普通)。
縦横の格子の目地と角張ったタイルは 質感も硬質でひんやりすっきりした印象です。
四角く平らに貼るという「当たり前」。

そこで sotoDesignでは その「当たり前」な均一パターンで施工されるタイルに
有機的な曲線やデザインで タイル自体ををカットして
自由にアクセントをつけて施工してみます。

端正な縦横の直線目地の中に デザインされた有機的なラインが入り込んできますので
視覚的にまずハッとさせられます。
同時にその部位が良い意味で前に出て見えると言う効果も出てきます。
工夫しデザインされ造られたタイル面は あたたかさや面白みをさりげなく含み
余分な細工(違う材料などをたくさん入れ込む等=費用も高騰しますよね)などしなくても
十分に外構を彩るスパイスになってくれるのです。

タイル施工を例に書いてきましたが 外構全体についても同じです。
特別に高価な材料をたくさん使用しなくても
こうしかない と思っていた狭小地や 普通の素材・普通の施工を
考え方や見方を変えてデザインすると 表情を変えられたり驚きをプラスできたり
おもしろいデザインエクステリアを創作できると実感してきたので

これからも じっくり考え 工夫のあるご提案をつねに心がけていきます。

 

 

 

 


エクステリアに使える新素材

前回のブログの続きみたいなお話。

連休前にどうしても気になる素材を発見しましたので 他府県でしたが車で現地工場へ伺いました。

詳しくは まだお話できないのですが
突然のアポイントにも関わらず 面白いものを見せていただき興味深い話を聞いて
大変勉強になり感動もしました。行ってよかった!

本日 その会社様から サンプルが届きました。
外構はまだまだ未開発な部分が多くて 無いものばかり。
無いなら 作ってしまおうというのが 弊社の基本的な考え方です。
こうやって 興味深い素材を見つけたことで
ますます 創作意欲が湧いてきます。
一から考えてデザインして 作ってしまうというのは
確かに手間がかかります。
大手エクステリアメーカーさんが工場で大量につくる製品をカタログから選んで
ぽんと配置すれば 本当に簡単なのですが
それでは やっぱりつまらない。
規格品というのは 施工する人がどんなレベルの人でも施工できるもの
そして 様々な条件にマッチしやすいものです。
一邸一邸 異なる条件をにあわせて ベストな提案をするためには
やはり面倒でも作る必要があるのです。

 

さぁ なにを作ろうか・・・?
自分でも楽しみです。

 


他では提案されない外構デザインを

家を建てる方が 家の美観や機能に可能な限りこだわり
理想の家を手に入れます。
その時 立てた家はその地域の町の方すべてが外からご覧になり
あぁ 素敵な新しい家が建ったなと認識するのにポイントになるのが
車と外構なんだそうです。

車は 興味のある方も多いせいでしょうか?
自分の所有する車と同じだとか ブランドとか 気にしてご覧になる方が
多くいらっしゃいます。
そして その車が どんなガレージにどんなふうに収まり
どんな暮らしなのかイメージが湧くのは 外構の印象なのだとか。

そうなると 外構は家の顔と言ってもいいかもしれません。
「人は見た目が100%」なんてドラマをやっていますが これも少し前
ヒットした書籍がありましたね 第一印象は見た目だと。
そう考えると 外構の良し悪しは結構 大事なのかと思います。

弊社では デザイン外構をうたっていますが
デザインといっても好みがありますね。
どちらかというと シンプルモダンをご希望されるお客様が多くいらっしゃいますが
デザインや設計は シンプルでも和風でもナチュラルでも基本は同じで
経験とバランス感覚と どれだけ真剣に考えるかでいいデザインはできます。
なので もちろんうちでも 自然いっぱいのナチュラルモダンも作るし
和風はシンプルモダンとほぼおなじセンスなので 和風もよくデザインします。

作る中で 必要なのは「新しさ」
よそでは見ないデザインや 他社からは提案されなかったデザインを目標にします。
これは 奇抜なのがいいというのではなくて
昔から有るのに手間がかかるため だんだん使われなくなった手法だったり
発想の転換でごくシンプルにしたものが 目新しいプランとして
お客様に楽しんでもらえたらいいなと思うのです。
もちろん機能が悪いものなんて 論外です。

つねにデザイン性の高いものをめざす
つねに 驚きのある外構をめざす
そのため 新しい素材や新しい技術にも注目し勉強する必要があります。
研究したりお話を聞きに工場見学に行ったりするのは 楽しいものです。
この素材を使ったいいデザインを提案したいなぁと考えて
毎日 プラン計画を練っています。

もし
せっかく建てるあなたの家を ごくごく普通の外構にするのが勿体無いと思われたなら
ぜひ一度 ご相談にお越しください。
話せば話すほど 様々なご提案ができると思います。
ぜひどうぞ。


外構施工されたお客様から

昨年 外構工事のデザインと施工させていただいた
とあるお客様にいただいたメッセージ。
完工のお礼にと頂いたインテリアグリーンの鉢植えに
添えられていました。
このお客様の 本当の言葉
真実の口コミと言えるかもしれません。

 
外構工事が 単純なものではなく
何度も繰り返し話し合う上での信頼関係に成り立つものだと
感じさせられる贈り物でした。私たちは
お客様の下でも上でもなく
施工する職人の上でも下でもなく
みんなが横に並んだ形で
お客様と職人を私達の設計でつなぎ
素敵な外構を
素敵な町並みを 創っていけたらと思っています。こちらこそありがとうございます。

このエールを胸に
ますます 丁寧で親身な仕事につとめてまいります。


難しい条件の方がいいものできる

これは 我が家を建築した関谷昌人先生がおっしゃっていたこと。

たしかに 外構工事の計画でも
難しい条件で 熟考すると
ぽろっと良いアイデアや抜け道を見つけてしまうことがあるものです。
こういうのは
カタログ商品を並べるだけの設計では解決できない場合が多く
これまでの施工経験や工夫の賜物でしか無いと よく思います。

どうしても物理的に無理なことはたしかにありますが
意外にイケる!と マイナス転じて福となす場合もけっこうあります。
きちんとご要望を ご家族でまとめてはっきりしておいていただくと
ご相談の際に それを優先順位つけていくことができます。
すーーーっと打ち合わせがまとまるお客様は
そのあたりが 上手くいったお客様なのだろうと思います。

相見積もり自体は 弊社では嫌なものとして捉えてはいません。
相見積もりする中で それぞれの外構業者を観察したり
お客様の中にあるご要望をしっかり確認できたりしていただけたら
あとは 各業者のだした見積もりの内容がそれぞれどう違うかよく見て
金額だけでない部分も考えて 選んでいただくのは良いことです。
条件が難しいほど どんな対応をし どんな解決をするのかが
見えやすくなってきますね。

そのあたりも しっかり見定めてみてください。


外構業者を選ぶ時

先日 母屋のリフォームを行いました。

前々からやろうと思っていたのですが
いざとなると どこの業者さんがいいか 悩みました。
母屋は 造園をずっとしてきた会長が こだわって建てた日本建築です。
会長は亡くなりましたが だからといって
なんでもいいわけではなく
やっぱり 腕のよい大工さんがいいなと まず思いました。
そこで
会長が生前親しくしていた大工さんに声をかけてお話しました。
その方は 母屋に対する会長の熱意を感じてくれて
最高級の素材を使い リフォームだから余計にかもしれませんが
大事を取って マックスの見積もりを作っていただきました。

そうすると今 一人で権限を持つ親が ちょっと難色を示しました。
年寄り一人の家をリフォームするにしては ちょっと贅沢すぎるかなと。
そこで 正直な予算を親に確認しました。
すると 出してもらった見積もりと かなりかけ離れたものであることが
わかり 申し訳ないけれどその大工さんには丁重にお断りをしました。
もし 金額差がわずかなら 交渉したかもしれませんが
リフォームの内容も材質も その理由もよく理解していて
大工さんのレベルもとても高いところだったので無理を言うのをやめたのです。

業者を選ぶ時 一番大事なのは どこになるのでしょうか。
金額がきっちり 1円でも超えたら困る時は金額重視かもしれない。
すぐにやってもらわなくちゃ困る という方は
電話してすぐに来てくれた業者さんがいいなと思うかもしれません。
話をいっぱい聞いてくれる業者さんが安心だと思う方や
有名な大きな会社がとにかくいいだろうという考え方もあるかもしれません。

腕がいいとか 技術があるというのは
ネットを見ていてもわかりません。
親身とか親切というのも 個人の見解でちがいます。
口コミっていっても 直接 人から紹介されるならともかく
ネットの書き込みなんて あてにはなりませんし
あちこちのサイトに登録されている会社が安心かというとそうでもありません。
自分でお客さん集められない会社は あちこち登録するものです。
登録してくださいと言われてするのではなく
登録したいですと 業者側が手をあげるものなのだから。

結局 母屋の工事は
何年もかかっていくつかの業者さんと話をしては見積もりを出してもらい
予算に近くて(希望予算よりは高額でしたが そこは納得して)
施工例が見られて 相談ができて
こちらの希望を理解した上で 提案してくれた会社に頼みました。

工事は「人間」がするものなので やっぱり思いがある人に
そして細かなこだわりも相談ができる人に 頼むことになるものだと思います。

まずは連絡して会ってみること。
相談してみて 意見を言ってみること。
予算があれば伝えること。
そのとき、1円でも超えてほしくない時はそれも伝えておくこと。
家族で ご希望の優先準備をまとめて決定すること。
もちろん1社だけでは決めかねるでしょうから相見積もりは普通の権利です。
でも相見積もりだすなら どこの会社にも同じ条件で見積もりしてもらうこと。
そうでないと比較できないので。
たいていの外構業者は 相談とお見積は無料です。
「金額」と「プラン」と「ひととなり」をよく検討なさってください。
「金額」だけは 僅差ならもしかしたら相談によっては近づける可能性もあるので
相談してみてもいいかもしれません。
でも こっちを下げて あっちにそれを告げてまた下げてもらう
みたいなことなさる方いますが それはおすすめできません。
下手に値下げさせると 手抜きする業者さんも たまーにいますので。
安すぎもおかしいなと 思ってみてください(微笑)。
そして
納得して一社に決めたら 他社はすみやかにお断りすること。
普通の業者さんは すぅっと引いてくれるもので
お断りしないでいると また連絡が入ってきたりして気まずいものです。

せっかくの新しいお家を彩る外構を妥協しないで
よい業者さんに出会われますように。


LIXILコンテスト金賞受賞作の思い出

登録しているエクステリアポータルサイトで
弊社掲載物件で 今週一番見られた作品が

現LIXIL 旧東洋エクステリアさんの施工コンクールで
全作品中 門まわり部門での金賞を受賞した I様邸になっていたので
あらためて写真を見ながら 当時のことを思い出しました。
なにしろ受賞年が 2004年ですからかなり前の話です。
むかしの受賞を いつまでもひっぱるのも格好悪いので
もういいかげん削除してもいいのですが
この作品は 弊社らしい形で きちんと評価された受賞だったと思うので
今も 施工例に残してあります。

その施工例は こちらからご覧になれます
I様邸 (吹田市)

大変 シンプルで大きな作品でもなく
これが1988件の応募作品の中のトップになったにしては
非常に地味な印象かもしれません。
ただ

その後も様々なメーカーさんのコンテストに出品しては思うのですが
うちのように メーカーさんの商品をあまり使用しない会社は
なかなか 受賞されない風潮にあるように感じます。
高価な商品をばんばん使用した高額なエクステリア例が
受賞作品に並ぶのを見ると ちょっとうんざりしてきます。

そういった意味で
この作品の受賞は驚きでもあり会心でもありました。
なにしろ使用商品は玄関前につけているL型の手すりだけ なのです。
それでも
「この作品は 実にエクステリアデザインの基本がしっかりしていることで
群を抜いた高い評価を得た」(審査員評)と書かれたように
デザイン性だけで 評価されたので
作り手としては 大変嬉しかったのです。
それも 当時のコンクールは
一般の方の人気投票を通過したものが 評価対象になっていたので
エクステリアを難しい目で見ている人だけでなく
単純に 綺麗だシンプルだ使いやすい という
一般ユーザー目線でも合格点をいただけたのだと思います。

エクステリアメーカーさんにうけるか 評価を得るか
はたまた高額物件になるのか
ということよりも
必要なデザインをして必要な商品を使用する
その価値は 金額でも賞でもなく お客様の満足度が決めることで
それ以上に大事なことはないはず。

弊社も時々コンテストに出展しますが
ほとんどが いいものが作れたから見てもらいたい!という気持ちから。
ところが なかなか見せたい作品が受賞しなかったりして
伝えられなかったのかなと残念な思いをすることが続いています。
大賞をのがした(地区入選なら毎回通るのですが)のが くやしいというより
デザインの内容をぜひ口頭で説明して 詳しく説明したいものだ という
物足りなさを感じます。
豪華でなくても デザインが優れた作品を選んでほしい
エクステリア業界の向上のためにも。
最近は あちこちで同意見の方にもお会いするのですが・・
とにかく そんな思い出や気持ちがあって
古い作品ではありますが 現在もサイトにアップしています。
時々 こうして人気作品とあがると お!と嬉しくはなります。
これも受賞作だから ではなくて
デザインで受賞した作品だからと高評価していただけたら もっと嬉しいのですが。

そんなこんなの 思い出作品です。


竹本造園 造園部 春の植木手入れ

外構専門のsotoDesignの母体 株式会社竹本造園では
年明けから春のあいだに 松のお手入れ 剪定や消毒と
樹木やお庭の寒肥料やりの作業
それから 年末までに剪定をされていなかったお庭のお手入れをしております。

春から夏へ向かい 暑くなってくれば
新規のお客さまのお手入れが なかなかできなくなってきます。
なぜかというと 固定のお客様のお庭の手入れ剪定消毒の予定が
年内いっぱいに詰まってしまっているからです。
おまけに 屋外の作業ですので天候に左右されることも考えられます。
雨が多い年は どんどん予定がずれて慌てることに。。。
なので 少し余裕をみながら それでもぎりぎりタイトな予定で
年末までいっぱいになっているためです。

なので新規のお客さまや松など手間のかかる樹木(松はもともと3月までの手入れが望ましい)は
この春先までに 作業にかからせていただいております。

また 造園工事やお庭まわりのちょっとしたメンテナンスに
例えば不要な植木鉢の片付け廃棄や 花壇の植替え
その片付けに準じて 高圧洗浄による掃除も行っています。
高圧洗浄は 洗剤を使用しないで水圧だけで たまった泥や砂 ホコリをながし
タイルや土間の汚れや 緑色になったコケなど洗い流すことができます。
リフォームしたようにすっきり明るくなるので 春の明るい日差しになる前に
一気に洗浄すると気持ちが良いものです。
あとは
暑くなるとぐんぐん伸びて困る雑草の対策に 除草シートの施工だったり
水やりのお手間を軽減する 自動散水の設置など
今 やっておくと その時期に活躍してくれる様々なメニューも
今なら 作業させていただけるので 一度お試しいただけたらと思います。

メニュー一覧

☆ 高圧洗浄 (半日)¥6,000

ご自宅のお水を使用させていただき 高圧洗浄機で洗浄します。
その際 不要なものを移動させ 必要なら廃棄いたします。
土間の黒ずみや緑のコケ タイル目地の泥汚れなど こすらずきれいになります。
※ 古いグラベルなど水圧に耐えられないものもありますので 先にご相談させていただきます。

☆ 草引き・低木葉刈り・鉢植えの片付け・花壇作業  (半日)¥6,000

雑草の草引き 胸の高さまでの低木葉刈りを半日作業いたします。
枯れた鉢植えは中身を捨てる もしくは鉢ごと処分(量によって廃棄有料 最大¥2,000まで)
鉢植え花壇の植替え 土をほぐし植え替えます(土交換や植物は実費にて)

☆ 除草シート  (価格は面積によります)

見える雑草をひき 表面の土を少しすくいだし 除草シートをしきます。
ご要望があれば その上から砂利をまきます。
雑草は 日光を遮断されて生えにくくなりますが最初の年は 以前に潜り込んだ種があったりするため
多少雑草が生えてくることがあるのをご了承ください。
材料をご用意いただいていれば作業人夫だけの費用でかまいません。

☆ 松の手入れ  (1日)¥25,000~

安価な植木屋に頼んで後悔された方いらっしゃいませんか?
松やマキなど 技術のいる樹木は専門のものにおまかせ頂くほうがいいと思います。
プロの植木屋による丁寧で確実な作業を ぜひお試しください。
※樹木のサイズによって または いつから手入れしていないかによって
1日で終わらない場合があります。1日でできる範囲で というご相談もお受けします。
松だけ というご希望もお聞きしています。

基本 造園部は剪定や消毒など
専門の作業につきましては 1日¥25,000で作業しております。
ゴミを持ち帰るときには 少¥5,000~大¥12,000となっております。

植木屋もかなり減少しており 何でも屋みたいな植木屋が横行しています。
悪いとは言えませんが 樹木の様子を見せていただくと やはり
専門は専門の技術があると思います。
少し 何でも屋さんよりは高価かもしれませんが
一度お試し頂くと ご納得いただけるとおもいますので
ぜひ お気軽にご相談ください。

もちろん
造園工事 外構工事の設計施工も承っております。

 


外構とは 「そとがまえ」

外構 という単語自体 あまり聞き慣れない単語かもしれません。

エクステリア のほうが通りがいいでしょうか?
弊社を見つけてくださる方は きっと
外構という単語を知った上で 検索をし 弊社にたどり着いたと思います。

外構 というのは そと(外)がまえ(構)のこと
家の外まわり全体のことを指します。
弊社は 大阪府吹田市で 創業60年の造園屋が母体で
その中の外構専門部が sotoDesignです。
弊社のデザインには 樹木があまり目立たないので イメージとして
植木屋っぽくないかもしれませんが・・・

ですが
植栽作業は弊社内の職人と作業ができます。
その上 施工後のアフターサービスが必要ならば
専門的な技術を持って 植木の手入れも行えます。

外構の要素のなかで 大きな位置を占める造園や植栽も
sotoDesignなら 安心していただけます。
もちろん 逆に造園や剪定のお客様にとっても
インターホンやポストの修理や交換、生け垣をフェンスに変更、ガレージ屋根の設置など
今のお庭や門まわりを グレードアップするお手伝いがスムーズにできます。
お庭と外構 両方がそろって 素敵なお家を演出できるのです。
トータルで任せられる業者がいると お客様も便利で安心なはずだと思います。

案外 外構や植木の業者をご存知のお客様は少ないものです。
ネットの嘘の情報や やけに破格の植木屋に騙されることなく
信用できる植木屋さんや外構業者をしっかり探してみてください。

次回
造園部の春までの期間限定メニューについてご紹介しましょう。


外構 折衝の金時間者

金時間者
外構だけでなく 建築関係の営業経験がある方は ご存知の言葉でしょうか?
きんときかんじゃ と読みます。

金・・ご予算 また 予算の準備ができているのか

時・・時期は今なのかどうか

間・・間取りやプランに納得されているか

者・・決定権のある方ときちんと話ができているか

 

この4項目
たとえば建築営業の会議などで 上司のかたにチェックされるポイントだったりします。
個人事務所でやっている弊社でも 自ら整理する時 考える指標ともなります。

ご予算に合わせた外構設計ができているのか
間取りやデザイン 外構計画はお客様に合っていて プロとして的確なアイデアをだしたか
リフォームであれば いま する外構施工なのかどうか

もうひとつ大事なのは 決定権者
ご主人である場合が多いけれど 奥様が主導のお宅もけっこうあります。
お子さんのご意見を大事にする方もいらっしゃいます。
親御さんに資金も出してもらう時は 親御さんのご意見を聞かないと、という場合もあります。
ややこしいのが
窓口になっている方と 決定権のある方の意見が統一されているかどうかが
わからなくなる時。
いつもお話している方に話して 通ったはずの話が
家族間で決まっていなくて ひっくりかえる事もあるのです。
いいですね?いいですよ
で決まったと思って 準備して施工すると 後にだめだめ!と言われたら
途中でストップ→変更について検討→再手配→再施工
それだけでなく
経緯を理解いただいた上でも 施主と施工者との感情的にはマイナス
いいことないのです。

コミュニケーションをとっていても わからないことはたくさんあります。
お客様はご家族であり 複数の考えがあるので
できればみなさんときちんと話ができて みなさんに許可をひとつづつ取れればいいですが
新築・引っ越しのお忙しいなか そういうわけにもいかないので
どうぞ施主のみなさんの間で 内容をシェアして検討して
意見を統一していただけたら 施工作業が止まらず スムーズ
お互いに いいですよね。
これは 外構や造園にかぎらず 家の建築でも同様だと思うので
新築をご計画の方々には ちょっとそんなことも念頭に
楽しい計画を ご家族で検討いただいたらいいなと そう思います。