外構価格について

外構工事の価格については いろいろな受け取り方があるなと思います。

もちろん
再々書いてきたように 建築の後半にでてくる外構が 安価であるほうが
望ましいのは きっとみなさん同じだと思うのですが
私が思うのは せっかくのお家を不特定多数の方に見せているのは
外構の部分になるので 少しは個性や洒落たものをきちんと考えて
素敵な外構にしましょうということ。
外構は 機能が満ちていれば どこかが壊れるまでそのまま使い続けます。
最初の一回で 満足できるものにしないと ずっとそのまま です。

だからといって
妙に蛇足をつけて 費用を積み重ね 高価な外構にする必要はありません。
気をつけないと そうやって 商品を多用することで高価な外構を提案する
外構屋も多くいるので 油断ならないところです。
蛇足ですが
住宅メーカーさんのご紹介なら 高い気がするけれど安心 でしょうか?
でも 外構工事に不備があれば 施工した外構屋さんが直しに来ます。
住宅メーカーさんが直してくれるわけではありません。
じゃあなんで 工事代金に住宅メーカーさんへのマージンがはいるのか
不思議ですね。
外構のデザイン料や 商品に費用がかかったのではなく
紹介料で費用がかさんでしまうなんて なんとなく納得いきません。
その分 いいタイル貼れたのになぁ なんて つい思ってしまいませんか?

外構には 設計費用をいただく習慣はありません。
でも 経験や知識やセンスをいかして
しっかりとしたデザインをする外構屋は必ずいます。
デザインできていない 商品をやたら並べてレイアウトしただけの外構と
同じ土俵で計られるのは ちょっと違う気もしますが
金額だけ見ていると わからなくなるのかもしれません。

外構は 建物をふくむ敷地全体の
もしかしたら 町並みを含む空間のすべてに気を払い
機能的で なるべく永く美しくあるものを考える必要があります。

商品を積み上げた見積もりに気が付かれたら
再度 どこかで相見積もりを出してみることをおすすめします。
確かに 手間かもしれませんし 金額の数字だけ見ると同じか
もしかしたら高価になる場合もあるかもしれません。
でも見積もりをよくよくご覧ください。
基本的な土工事は この部分は高くても あっちの部分は安い・・・と
各社 ほぼ同じくらいのはずです。
あとは どこが違うのか
必要なものだけをセレクトして ご提案しているのはどちらの会社か
そして 設計の面白さや考慮の度合いを

たとえ同じ金額でも
自分の家について どれだけ考えて出された答えなのかを 見抜いていただけたら
後悔しない外構が完成すると思います。


外構計画の進み方

今回は 外構のご依頼をいただいた時の進行をお伝えしましょう。

 

まずは

① お問い合わせ

弊社は下請けをしていないので お客様との出会いはホームページ(http://g-net.main.jp/)もしくは

外構を応援するポータルサイトからなど ウェブから弊社にご連絡いただきます。

そこで デザイナーと初回折衝のアポイントをとります。

② 初回折衝

弊社で初回は ほぼ必ずと言っていいほど お目にかかってお話をお伺いします。

ご要望や条件など詳しくお聞きして お顔を見てお話することで

メールやお電話では伝わりきらない内容を確認することができますし

弊社の外構デザイン施工例などもいろいろ見て頂き嗜好を確認することもできます。

弊社のことも お目にかかったほうがご理解や信用いただけるのではないかと思います。

同時にお図面をお預かりします。

最近では 住宅建築されたところからメールでデータをいただいている方も多いので

弊社が外構図面に必要な 敷地配置図と立面図 平面図をいただきます。

③ 現地調査

初回折衝が 建築地でお目にかかれた時は その場で確認しますが

折衝が現地以外の場所で行われた場合は 後日建築地へ出向き

細かな部分が 敷地配置図と一致しているのか

作図のあとに変更になった部分がないか 図面に載ってない情報を確認します。

建築途中で追加や変更のあることも 度々あるものなのでそこをチェックして

設計や作図の参考に 敷地を写真にとって帰ります。

④ 外構デザイン

まずは 敷地と建物をCADで作図して 出力し

お聞きしたお話を元に紙の上でエクステリア計画をしていきます。

最初のご提案は もちろんたたき台にはなりますが その後のご提案の基本になりますので

大変重要で しっかり時間を掛けてよく練ったものを

きちんとわかりやすく CAD製図して 資料を作成し2度目の折衝のアポをとります。

⑤ セカンド折衝

2度目の折衝では 作ってきた外構プランのご説明をじっくりさせていただきます。

なぜ こうしたのか

その理由は 真剣に設計したデザイナーにとっては はっきりと確実にあり

無駄に要素を増やして価格を上げることはしないので

どの部分についても 詳しく理由をご説明することができます。

それを CADをくるくる回して角度を変えたりしながらお話しようとすると

この2度目の折衝も できればご家族皆様に会うお時間をいただきたいです。

時々 お忙しいお客様の中には

外構プランができたらメールで送ってくださいという方がいらっしゃいますが

ぜひとお話して お時間をいただくようにお願いしています。

建築中はなにかとお忙しいのですが 大事なことなのでどうぞ宜しくお願いします。

⑥ 外構図面修正とお見積り

内容を精査して 必要なものを足したり 不要なものを削ったりして

よくよくお話したものを その次の3回目の折衝にて整理してご提示し、また

そのまとめたものから 外構の金額をはじきお見積りをお持ちします。

ご予算があれば 先にお聞きしておく必要がありますが

外構の予算は想像がつかないという方もいらっしゃるので

事前にはよくわからないというお声も お聞きすることが多いです。

このブログでもよく書きましたが

外構は建築の後半に発生し 家具・家電・引っ越し費用・インテリアの費用と

同じようなタイミングで目に見えてきます。

正直 財布の紐を締めたいところですが 不特定多数の方の目につくお家の外観は

せっかくの立派な新しい家の顔でもあるので そこはご相談しながら

必要な物を残し不要なものを省いて お家を彩る素敵なエクステリアを実現しましょう。

⑦ サード折衝 ご契約 それ以降

折衝はその後も 変更によって回数を重ね ご契約のあとは色決めなどの打合せがあります。

その後 着工 施工 完工お引き渡しの運びです。

もちろん 様々なケースがありますのでこれが全てではありません。

つまり結構段階をへて進むものなのです。

少し余裕を持って ご相談ください。よろしくお願いします。

 

 

 

 


外構リフォームは費用がかさむ

外構は一度建てた家に対して 一度だけのものという印象がありますが

生活様式や家族構成の変化によってリフォームが必要になるのは

なにも 家の中だけではありません。

もちろん 昨今ますます厳しくなる 環境の変化に耐えてきた経年劣化によるエクステリア製品の交換や

壁の再塗装 ウッドデッキのやり変えなど 傷むものの交換なども 起こりえます。

あとは高齢化に伴い 段差をなくしたり デイサービスの車の車寄せ

車いす用のスロープや 以前は気にならなかっtた沓脱ぎ石の高さをなんとかしたいなど

外構のリフォームのお話は 本当によく頂いております。

外構リフォームの際に ご提案側として注意している点がいくつかあります。

まずは 外構リフォームには新築外構にない費用がかかってくるということ。

建物も同様ですが 既存の物の撤去費用です。

土間を割る ブロックをやりかえる 植木をひく

これはどれも その分の日数がかかり 日当も 廃棄費用や解体撤去の費用も必要となります。

当たり前なのですが これが意外に想定されていなかったり

新設の工事に含まれる?と思っていらっしゃる方がいたり。

・・・どんぶり勘定で良ければ 新設の工事代金にごそっと含んで見積もりしますが(笑)

弊社では わかりやすい見積もりをご提示しておりますので

ごく普通に正直に 解体撤去ならびに廃棄費用(産業廃棄物は昨今高価です)を計上します。

たまに ご自分で大型ゴミの日にちょっとづつ廃棄しますとおっしゃるお客様もいますが

なかなか難しいかと思います。どうしてもとおっしゃるなら お聞きしておりますが。。

 

それから リフォームは工事の期日が無い場合が多く

ご提案しているうちに迷ったりご家族で意見が別れたりして 保留になるケースも多々あります。

インターホンが破損したとか 門が壊れたとなると急ぎますが

ついでにここもあそこもと話が膨らみ 費用がかさみ

あ、ちょっと待って となるのもよくわかります。

無理強いはしませんが せっかくお話をいただいて

何日もその計画や見積や折衝に 時間を割いて動くことになりますので

ご家族様でよくお話して スムーズに結論がつくと ありがたいかなと思います。

新築の外構工事の時も同じですが

絶対必要だなと思う部分を 当のお施主様が意見統一してくださらないと

なかなかお話は進まないものです。

ご家族での 十分なご相談の時間をお持ちくださいね。

 

 

 

 


外構見積もり 最後の項目

ながながと 書いてきました 外構工事の見積書の説明
最後の項目となりました いわゆる「その他工事」

例にあげれば
雑工事 カイショマス調整 U字側溝補修 メーターボックス移動
控え壁施工 土留施工 砂利敷き 真砂土敷 勝手口施工
そして植栽作業などなど。

それぞれ必要な場合に発生する費用です。
よくあるのは 植栽作業でしょうか。
庭がなくても 門周辺に樹木まで行かなくても低木や下草があれば
印象がちがってくるものです。
特に弊社のように ハードなデザインで構成されていると
色目も黒やグレーがちになるので
緑が入ることで明るくなり ダークな色目が引き立ちます。
季節感を感じるものがあると
出入りする際に心のスイッチを切り替える事ができるように思います。
一本でも 植栽ができるといいですよね。

こうして書いてくると 外構にも様々な部分があり要素があり
費用が積み上がってくるものだと感じます。
きっと はじめて家を建てる方には 予算の想像もなかなかつかないでしょう。
以前も書きましたが
引っ越し費用 インテリア費用 家電費用など いろいろお金のかさむ時期に
外構の打ち合わせが行われることも多く
費用が気になることだと お察しします。
ただ
まとまった費用がかかるものは思い切って最初にまとめてやってしまうほうが
いいように思います これは経験上の話ですが・・・

せっかくの新築 新しいみなさんのお城
周りを通る不特定多数の人に見られる家の顔・外構を
あまりケチるのはどうかなぁと思うのです。
でも お金をかければかけるだけ いいものができるとも限りません。
必要な部分はどこなのか きちんとご家族で話し合って意思統合して
予算に合わなければ 削っていくつもりで 要素に優先順位をつけておいて
プロにご相談ください。
いい専門家は たくさんの解答を提示してくれるはずです。
いい外構がほしい!という気持ちは 妥協しないでくださいね。


外構の追加工事 テラスなど

見積書の項目にそって書いてきたこのブログも
あと少しで ゴールです。

今日は 企画工事について書きます。
各社で内容は少し違うかもしれませんが
弊社の見積もりによりますと
企画工事とは テラスやバルコニーなどの工事のことで
外構が終わってからや リフォームの時にも
よくお話を頂く部分です。

ひとつ前のブログに 降雪や風に対するカーポートの強度について
記事にしましたが
このテラスやバルコニーも 設置する条件によっては
天候に気をつけなければいけなかったりします。
ただ ちょっと違いがあるとすれば
テラスやバルコニーは 必ずと言っていいほど片側が建物に付いていること。
点でなく面で支えることで 強度は増すと思われます。
しかし 商品によっては
脚なしといって 建物にくっついている反対側に 脚がない商品もあります。
それは 屋根の出幅が短いので大丈夫 というものですが
出幅が大きくなると さすがに吹き上げる風や降雪の影響を
たくさん受けることになります。
なぜ 脚がないか は 出幅が短いからだけでなく
たとえば脚があると邪魔になるような狭い空間に設置するときなど 脚なしで
設置される業者さんがいますが
そこは 普段は心配なく使えますが イレギュラーが起こった時には
当然 脚が支えない分 不安があります。

なにかあったとき
メーカーさんも きちんと設置したものについては責任をみますが
自己判断でつけたものは 見てくれませんので
なるべく規定通りにきちんと施工するほうが この頃の異常気象に対しては
安心かなぁと思います。

安いだけの業者さんに 安いからといって頼まないように。。。

次回は その他の外構工事の項目をご説明します。


耐降雪 対強風のカーポート

シリーズで書いていた エクステリア施工の見積もり内容に沿った
ブログ記事から 脱線しますが

毎年 この時期に書かせてもらう 耐降雪カーポートについて
今年は 強風に対してのことも 書いていきます。

2016年1月19日のYAHOOウェザーでみた 今日明日の降雪予想量は
北海道で120cm  東北中部などで60~80cm  石川富山など日本海側北部で100cm
関東近畿中四国で30~50cm  九州で10~20cm

現在 国内のエクステリア金物トップメーカー3社
LIXILさん三協アルミさんYKKさんともに 最高で200cmの雪に対応する
豪雪地方用のカーポートがあります。
ただこれは 新雪といってふんわりした軽い雪で計算されていて
もっと湿った重たい締り雪やザラメ雪では重さが全く違うので
(新雪とザラメ雪は 重さの計算式の数値が 新雪0.3ザラメ雪0.7になります)
2メートル積もっても大丈夫!というわけにはいきません。
上記の数値の対比を考えると 重い雪なら42%くらいで新雪100%の重さになり
200cm対応のカーポートも 雪によっては わずか80cmで
重量オーバーとなります。
ということは 豪雪地域ではない都心部で カーポートの一般的な製品を購入した場合
20cm対応になるので。。。8cm!で 重量いっぱいってことです。
けっこう少ないと思いませんか?

さて それに加え ここ数日吹き荒れる強風について ですが

同じくYAHOOウェザーより 強風予想が出ています。
予想瞬間最大風速は 北海道で45m  東北で30m
北陸関東東海近畿中国四国は 35m 九州で30mだそうです。

これに対して 各社のカーポートは
一般的なもので 風速38mから42mの機種が多いようです。
ただ 風については 設置されている場所にもよります。
トンネル状の場所だと 吹き上げる力が働いたりして
瞬間的にものすごい力がかかることもあります。
また 2台用とか片足とか両足とか
タイプにもよって強いもの弱いものが考えられますので これも一概にいえません。
雪より 風のほうが 予測を裏切るような気がして少し怖い気がします。

毎年 書いていますが
天気予報で しょっちゅう耳にする「記録的な」という言葉
予想もしないことが起こることもあります。
近隣にもご迷惑がかかることもありますので ご自宅のカーポートの様子
気をつけて観察されてください。
また 見ている時に物が飛んできたりして怪我をされませんように
あわせてご注意くださいね。


外構といえば?外柵

今回は 外柵工事についてご説明します。

外構工事 といえば
塀やフェンスを思い浮かべる方が多いかもしれません。
塀やフェンスなど
敷地の周囲を囲むもの 簡単にいえばそれが外柵です。

外柵もいろいろなパターンが有ります。
いわゆるブロック積みの場合は整地して基礎となるアンカーを工事し
ブロックを積んでいきます。
昨今 この当たり前ともいうブロック積み職人が少なくなっていて
職人を確保するのは一苦労ですが
一方で 地震の心配もありブロック積みが減ってもきています。
もっと軽く風通しの良い物に 各メーカーの出しているアルミフェンスがあったり
横ルーバーや縦ルーバーの施工も人気です。

外柵は他所から見えないようにという意識もあると思いますが
あまりきっちり閉鎖すると 逆に敷地内で何があってもわからず
たとえば空き巣とか 隠れる場所が豊富な方が入りやすかったりするため
ご家族の在宅状況にもよりますが
防犯の意味合いでは 閉鎖的なのがいいともかぎりません。
入ろうと思えば入れるし 入ってしまえば隠れていられるので。。。
オープン外構にするかクローズ外構にするか
ご希望をお聞かせいただいて 必要な部分必要な外柵をする
そんな流れになってきます。
隣地との外柵については 隣地の方と折半で施工になる場合もあります。
当事者同士のお話し合いや不動産屋さんとの三者の話し合いなど
内容が決まっていれば 言われた位置で外柵の施工はうけ
費用は折半で請求させていただいたりします。

敷地が広いと ぐるり四方を囲むだけでも距離があって
費用がかさむことも考えられ コストが意外にかかる部分かもしれません。
また
新しい住宅地などでは 町並み条例のような決まり事があり
それに沿った計画や 許可申請など必要なところも多くあります。
いろんなアイデアや引き出しや経験が
条例の範囲の中でも個性的な外構を実現するのに役立ちます。

ぜひプロを見つけて ご相談ください。

次回は 企画工事
バルコニーやテラスについてです。


駐車スペースガレージ工事

外構にはかかせない ガレージの工事についてが今回のテーマです。
車が売れない等と言われますが ガレージいらないというご依頼は
ほとんどありませんから やはり車を駐車するスペースが必要だということですね。

駐車ガレージはほとんどがモルタルの土間です。
仕上げとして グラベルやタイルもありますが 汚れますし
ほとんど土間仕上げになることが多いです。

2
ただ 入口のゲートが必要なら オーバードアであったり
アコーディオン門扉であったり 設置することになりますが
アコーディオン門扉はずいぶん少なくなりましたので
つけるとしたらオーバードアがほとんどです。
1台用も2台用もありますが けっこう高額な商品です。
同じくカーポートといわれる 屋根もそうですね。
耐積雪のものや 熱線遮断の機能のものなど
大きさや機能で価格がさまざまですので よく検討されてください。

すっきりさせるためにも 何もつけないで オープンのままの計画も多いです。
それはお客様のご要望によりますし 地域性もあるかもしれません。

それから
お客様の車があるときに ちょい停めできるような車寄せスペースを作ったりすると
たとえば高齢になってから 介護が必要になる時にも 大変便利です。
スペースが有れば きちんと駐車できる場所が キープできるといのですが
なかなか難しい場合も多いと思いますので
新築の際に 事前に少し考えてみてもいいかもしれません。

車のサイズや 台数によって
また自転車置き場はどうするのかとか
よく使用される部分についてですので たくさん相談して
ご家族内でも意見をおまとめになって
後々後悔のないように計画される必要があると思います。

では 次回は外構のぐるり一周
外柵工事について お話します。


外構 アプローチ工事について

今回は 外構工事の中のアプローチの部分について詳しく見ていきます。

アプローチは 外構工事のメイン
門から玄関までの通路部分のことです。

それが 階段になれば階段を構築しなければならないし
スロープなら 土間を作って 仕上げをしなければならない。
タイルで仕上げるのか グラベルのような仕上げにするのか
モルタルでシンプルにするのか 素材や手間で価格は異なります。

道路との高低差があるかどうかや 距離にも応じて
さまざまな対応が考えられますね。

ソトデザインで ご提案する外構プランで特徴的なのが
このアプローチの取り方にもあります。
単純にまっすぐ とか
逆に意味もなく くねくねしたルートは あまりありません。
まず歩きやすいこと
そして アプローチは 外界と内とのリセット区間であることを念頭に
考えていきます。

都会ではこのアプローチが十分に取れない外構も多くあります。
なるべくこのアプローチで 距離を稼ぐ方策をとることで
玄関の中が見えにくくできたり わずかでもリセットの役割を果たせたりします。
門の方向や 玄関の向きを考慮しながら
設計していきます。とても大切な部分です。

次は ガレージの工事について見ていきます。


外構の顔 門まわり工事

次は門まわり工事についての項目です。

門まわりは
家の顔 外構の顔 といっても過言ではありません。

そのぶん お客様の嗜好や個性が明らかに現れる部分で
それにあたって材料が さまざまになりますので
価格も大きく変わってくるのは このあたりから。

タイルで仕上げるのか コンクリートなのか
そもそも袖壁がなくて門柱だけで表すのか
門扉があるのか ないのか どんな門扉を採用するか。。。。

S-6

そこから 続いてフェンスがある場合や
ルーバーなど目隠しをつける時もありますので
そういった 門まわりにまつわる部分の詳細が ここで説明されます。

当然 材料が高額なものを採用されたり
材料をたくさん使うときは 金額に反映されていきます。

デザインを
部材の豪華さや華やかさでごまかすのが好きではないので
弊社はあまり既成品や はやりの材料を使わないのですが
もちろん ショールームなどに行かれて これが使いたい
というような希望があれば 使用します。
タイルやブロックなども こんなのがいい と教えていただいたら
設計段階で組み込みます。

ただ 材料費は当然増えますので
最終で全体金額が出た時に 予算が合わない時には
変更になることもありますね。
一式いくら というざっくりした見積ではなく
弊社では 細かく項目が分かれているので
そういったときにも 増減しやすくなっています。
いわゆる 明瞭会計(笑)?

さて 次回は 門から続く アプローチ工事についてです。