プロ写真家の仕事!

皆さんプロの写真家というと どの様な連想をされますか?

プロの写真家と言うと
普段の生活で頻繁に目にしたり関わったりする機会は少ないのではないでしょうか
(家族集合写真ぐらいですか)。

私どもsotoDesignでは全邸とはいきませんが、
プロの写真家に撮影をお願いしております。
今回の写真撮影の目的は
施工コンペと当社ホームページのリニューアル用として撮影依頼しました。

依頼先は近藤安岳写真事務所の近藤氏になります。
氏とは長い付き合いになり
今回も無理を言い、1日で2邸分の写真撮影(夜景も含む)をお願いしました。
いつも 外構のプランをよく理解してくださって
より分かるように表現に工夫を凝らしてくれるプロです。

当日、一軒目のD様邸撮影時は終始曇り空で、どうなるんだろうと思っていましたが
氏いわく、曇空なら曇り空の撮り方もあるし、
色々な物の影が写り込まないのでかえって良いかもという話をしながらの
撮影開始になりました(少しホッとしました)。

手早く、sotoDesignが
どこをどの様に見えてほしいかの説明し早速撮影開始です。

手始めに門廻りをクローズ・アップした部位の撮影し
脚立に上り少し高い目線からの撮影という風に 段取り良く撮影を進めていきます。

D様邸の前面道路では一番遠く離れても、
立派な建物の全体像が 何となく分かりにくいかなと思い
近藤氏に「もっと俯瞰で撮れない?」と聞くと

何やら奇妙な釣り竿の様なものが出てきて、
「これなら5メートル以上の高さから撮影できますよ」との言葉。

早速その方法で撮影してもらいました(巨大な自撮り棒ですね)。

撮影途中の角度がタブレットで見ることができたのですが、やはりすごいです。
何がすごいかと言うと、
CAD図面では自由な角度から図面を見ることが可能ですが
実物件を物凄く高い位置から見ることは鳥にでもならない限り不可能ですよね。
この 超巨大な自撮り棒はそのような問題も可能にしてくれます。
やはりプロはすごい!

後、詳細なディテールの写真等も撮ってもらい、
午前中でD様邸の撮影を終え
2件目のA様邸の現場に向かい撮影にはいります。

 

手順は一軒目とほぼおなじになりますが、こちらは夜景の撮影も行いますので
昼間のほしいショットは全て撮影しておき、後は夜景撮影に備えます。

その前に夜景撮影の為照明をテスト点灯させて 色々と打合せを行います。

色々と意見交換をし打合せしましたので
後は、夕日が沈んでいき、一瞬空が青くなる瞬間を待ちます。
その短い時間の中での撮影になりますので気が抜けません、緊張の瞬間です。
ここからは近藤氏を信じて任せるだけです。

そのマジックアワーと呼ばれる時間の後も撮影は続き、
夜20時 ようやく終了しました。
朝早くからの撮影だったのですが 問題なく終了でき
久しぶりのお客様にもお目にかかれ 良い一日となりました。
少し気が早いですが、
今日の撮影された作品がどの様に写っているかが非常に楽しみです。

また、ご極暑の中、色々とご協力頂きました
D様とA様 及び撮影スタッフ含め4人にまずはお疲れ様と言いたいです。

撮影された写真は勿論このブログでもご紹介致しますので、お楽しみに!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です