カテゴリー別アーカイブ: 北欧研修

見習いたいデザインディテール

デンマークオアスタットの街を歩いていて
気になったディテールがいくつか有りましたのでご紹介します。

写真をご覧になり何か気づかれましたか?

 

花壇を注意深く見て下さい、花壇自体が薄くありませんか?
そうです、花壇自体を10㍉程のスチールで作り塗装し、そのまま地面に設置されています。
日本ではまず見ないデザインディテールです、余りの潔いデザインにビックリさせられました。
写真を撮る際に独り言で「これでいいやん」と言ったのをハッキリ覚えています。
見ての通り究極のシンプルさ、材料を積み上げたとか、貼ったとか
何か操作をしたのではなく
材料そのものが形態を成すというこれ以上のシンプルさは無いという状態です。
ここまでくると、提案した側とされた提案を承認した側両方をたたえたくなります。
日本では受け入れられない工法やデザインも
こちら北欧では普通に受け入れられるのですから驚かされます。

デザインに対する懐の深い民族なのでしょう。
私達も見習いたいところです。
日本人的考えでいくと
まず、危ない、錆びる等のネガティブな事ばかりが先に立って
デザイン云々は後回しになるのでしょうね。

でもこのハードルを超えなければ良いデザインやディテール等はでて来ません。
この様に海外には見習いたいデザインディテールが沢山あります。

sotoDesignではこれら時間をかけてでも、
これらにも負けないようなデザインディテールに取り組んでいき、
お客様に喜んで頂ける外構デザイン提供に注力していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

北欧の新築住宅

今日は北欧での住宅について色々紹介していきます。

まず一枚目の写真をご覧ください。新市街の竣工後すぐの集合住宅になります。

 

同じ作りの壁の様なものが多数立ち並びますが、これは各邸の仕切りになっており
屋上緑化が施されており、その下部はゴミ収納庫やストックヤードとして使用されていました。
もう少し時間が経つと植物が良い感じに茂ってくれるのだと思います。

床は全体にインターロッキング敷きとなっておりますが、
日本と別段変わることが無いと思いました。
床部分で全く違うなと思ったところは、このグレーチング敷きの部分です。

日本の建築では基礎があり、ステップを2~3段上がり玄関へと行きますが
こちらの建築では玄関と道路の高さが同じと言うのが普通になります。
そうなると、雨や雪が玄関から入ってくるのでしょうね。
それを防止するためのグレーチングだと考えられます。
日本の建築では必要ないものですね。

ポストは何の変哲も無い亜鉛メッキを施したポストですが、
材木の茶色とポストのグレー芝生の緑のコントラストがとても綺麗です。

次はこの集合住宅のパブリクスペースの植栽写真ですが、
何となく日本の植物とよく似ている物が多いなと感じました。
後日段ですが日本へ帰ってきて色々調べてみると
日本の植物が品種改良されて北欧方面へ持ち出されているみたいです。
物凄く身近さを感じました。

これもパブリックスペースの目隠しになります。
よくご覧ください、何の変哲もなさそうな縦格子のフェンスですが
内側に強化ガラスが貼られています、恐らく風よけなのでしょうね。
なかなか凝った事がされています。コストもかなりかかっているようです。

 

この集合住宅の外構、エクステリアデザインは、シックにまとめてあるという感じに見えました。先程も書きましたが色の調和がとても上手いですね。

依然として 外部における材木の使い方で腐食することについては頭に無い様に感じました。
こちらのデザイナーが、人工木ならどの様に使用するのだろうか?とても気になるところです。

以上、北欧での新築住宅をみての感想でした。

 

ナイスデザイン、バルコニー!

本日も デンマークコペンハーゲンのオアスタットで建築中の建物で
気にかかった物がありましたので ご紹介します。

ご覧ください、カッコよくありませんか?

こちらで流行りなのですかね、
この建物から生えてきた様な出っ張ったバルコニー。
躯体の厚みは10センチ程で 非常に薄く造られております。

デザイン的にはコンクリートの構造体
すなわち枠自体を一番見せたかったのでしょう。

手摺は控えめにステンレス枠にガラスが取り付けてありました。
この方が よりコンクリート枠が目立ちますね。
見るからに薄造りなコンクリートの枠、
恐らく軽量だと思います。

生コンクリートの中にファイバーを混ぜたり、
鉄筋の代わりにカーボンの芯を入れたりして
軽量化をはかっているのでしょう。
そうでないと これだけ肉薄で軽量尚且つ強固なコンクリート枠は
できないでしょうから、
そんな構造が成立しているので ご覧の様なデザインが可能になるのですね。

取付方法は、
建物には固定用の金具が現しで取り付けられています。
この辺のデイテールも潔くて関心します。

日本の建築でこの工法は認められるのですかね。
この様な収めのバルコニーは見たことが無いので
ふと、そう思いました。
この話になると何時も出てくるのが、
地震の少なさや地盤が強固であることになりますが
やはり、ご多分に漏れず大なり小なり関係していると思われます。
日本では耐震構造の件で、すぐに却下されそうなデザインですね。

こちらの物件をデザインする関係者を少しうらやましいとも思いました。

日本の行政のように 構造についてがんじがらめな考え方では
出し得ないデザインですし
その縛りから解放されるという事は、
よりデザインの幅が広がると言う事になります。

この様に潔いデザインを見せられると、sotoDesignの思考も刺激されます。

「薄いコンクリート、良いですよね~、、、」

生き生きしたデザインが街のあちこちに転がっている
コペンハーゲンのオアスタット新市街でのレポートでした。

素材が生むデザインの違い

北欧で写してきた こちらの写真をご覧ください!

 

何故木材を外部でそのまま使用できるのだろう?

自分が外構のプランをする際、ほとんどが人工木(樹脂木)を使用するのが普通になっていますが
北欧を旅して、木材の使われ方事情がとても気になりました。
ヨーロッパでは木材は痛みにくいのか?
もしくは傷めば取り替えるという考えの上で成り立っているのか?
日本でも昔から木材を使用し色々なものが作り出されてきましたね。
木は腐るのが当たり前が前提だったと思います。

でも最近日本では木樹脂という、
腐らず木材の代わりになるものが大分浸透してきたので

特に外構において木材に対する考えや思いに違いがでてきたのかなと思います。
と言うことは
木材事情について 日本は他国より少しリードしているのかなとも思えますが
これは材の話でしか無く
デザインの良し悪しの話ではないですよね。

ちなみに北欧では木樹脂などというフェイクな材料は見かけませんでした。
フェイクな物は受け入れてもらえないのでしょうか。
いずれにせよ、
人工木等の新建材が世の中に出てくる事は非常に好ましいことだと思いますが
そう言った材料で創ったものには、
本物の良さとか時間経過と共に生み出される独特な味等が感じれない
味気ないものになるので ヨーロッパ人達は好まないのでしょうか。
それともヨーロッパの工業技術の問題で造り得ないのでしょうか?

一番良いのは
北欧人デザイナーさんに人工木を使用してデザインしてもらうと
どの様な物が出てくるのかを見てみたいです。とても気になります。

知り合いに、北欧で暮らしていた人がいますので
この辺の事情等を一度聞いてみたいと思っております。
聞くことができいたら またの機会に それについて書き込んでみます。

建築と同じモチーフの床仕上げ

今回はコペンハーゲン、オアスタットの建築について書きます。

何度かオアスタットで見てきたものを紹介してきましたが、
今回も新市街の前衛的な地区に建っている建築についてご紹介します。

 

独特な造形の建築ですね。
オアスタットにはこの他沢山の意匠建築が立ち並んでいました。
また現在進行中の建築も沢山有りました。

この建築はご覧の通り 2つの棟が建っておりまして、
ある角度から見るとその2棟が上手く重なり合って
アルファベットの Vの字に見える様になっているそうです。
また 建物が折れ曲がっていたり 大変アクロバテイックな印象の建築です。

建物の全体フォルムがダイナミックなだけではなく
外壁に繊細なラインが沢山入っています。
そのラインがこの建築の表情をとても生き生きとしたものにしていると思います。
そのラインに合わせた窓の収まりも見ごたえの一部ですね。

つぎはそのダイナミックな建築に繋がる床部位の写真になります。

 

さすがは石材の国ならではのしつらえです。
デザインモチーフは 建築に取り入れているランダムラインを
そのまま床にまで取り込んでいます。
そのランダムラインの割付のままその石材が立ち上がるというデザインになっております。
同じ形のピースがベンチになる とてもシンプルなデザインになっていました。

sotoDesignも普段同じような考えでデザインすることがよく有りますので
このデザイナーさんの言わんとしていることが分かるような気がします。

写真を注意深く見ると、石材以外のグリーン(植栽)部分も同じ様に割付されていますね。
あくまでも全体のバランスを考えてのこただろうと思います。

この様な大きな規模のデザインをする際に
全体バランスを考慮することは非常に大切な事であります。
こまぎれでその部分のデザインをするという事が
昨今のエクステリア、外構デザインでもよく見受けられますが、
全体を把握して繋がりのあるデザインにしなくてはならないのですがね、、、

仕事柄、多くのエクステリア、外構のデザインや完工例を見ますが
まだまだそうはなっていないことが多くて
その部位、部位での切り分けたデザインをつなぎ合わせたようなデザインを多く見かけます。

今回紹介している建築のように 全体の流れを考え、
繋がりをしっかり考えられたデザインは 収まり感や塊感が違います。
バタバタ感がないといいますか、しっくり落ち着いた感じに見えます。
ぜひ見習いたいところです。
プラン検討の際には、一層この事柄を考慮し
全体の繋がりのあるデザインをめざして取り組んでいきたいと思います。

 

パブリックスペースデザインの巧み!

オアスタット新市街のとある公共施設で
面白い場所を見つけてきましたので少し書き込みたいと思います。

 

 

高低差の使い方と色使いが絶妙ですね。
スポーツ促進の小さな施設を見学したときの写真です。

sotoDesignは普段、個人住宅の外構デザインプランをする事が多いのですが、
こういったランドスケープ的な事にも非常に興味があります。
持論的な話になりますが
ランドスケープをダウンスケールしたものが個人住宅という捉え方をしているからです。
また 不特定多数の人達に喜んで頂ける物は
一個人にも受け入れてもらえるだろうという考えです。

もう一度 写真をご下さい。
人工的な創り込みがなされていますが全く嫌な感じがしませんね!
この様なデザインや色使いは新市街ならではです。
旧市街とは一線を画していて 歴史的な良さや時間の経過による味などと
またまったく別の味わいです。

これらのデザインは正にsotoDesignの趣味趣向とすごく合っていると感じました。

現場で写真を撮りながら、どの様な人間がデザインしているのだろうと思っていたら
同行した人間に聞いた話ですが、割りとこの辺の建築とかは
超有名な海外のデザイナーさん達が絡んでられるようで、
この施設もそのような海外デザインが入ってるのでは無いかと感じました。
流石にデザインの国であり、今をトキメク新市街のオアスタットですね。

街全体が何処を見ても勉強になるデザインが何処かしこに有り、
デザインに興味がある者にとっては何処を見ても刺激で一杯でした。

一枚目写真の上の方に写っている白っぽいビルも有名なビルで非常に面白かったです。
又 二枚目写真の奥の建物は海外デザイナーの建築だそうです。
街の何処かしこがデザインのお手本になっていて、とても勉強になります。

写真を見ていただくだけで、私の説明なんか不要ですよね!
この様なデザインが普段に普通の生活で触れられることが羨ましいです。
同じ先進国と言われていても日本と北欧、デザインの力量の差を感じずにはいられません。

北欧で見てきた事を自分の中で噛み砕いて
sotoDesign流にもっと磨きをかけていきたいと考えています。
今後の自分自身の創造にどの様に影響してくるか楽しみです。

 

デザインにおける発想の違い

これは デンマークのオアスタットの街を散策している時に見つけて、
非常に面白いと思い写真に収めてきましたのでご覧ください。

  

デザインがユニークと言う事もそうですが、
まず驚いたのはアスファルトに直接描いてあるという事に驚かされました。
一枚目はマンションのエントランス、2枚目はスポーツ施設か何かですかね?

sotoDesign的には普段 外構床廻りのデザインをする時に、
直接アスファルトにこの様なデザイン要素を書き入れる発想は出てこないのではと思います。
床にデザイン的な要素を入れようとするならばまずタイルやインターロッキング
又は乱形石貼り等を取り入れたり、切り込んだりしてデザインしていく事になります。

こちらのデザイナーさん達は一体どの様な発想を元に
「アスファルトに直接描き」を思いついたのでしょうか?
やはりデザインの良し悪しより、その発想に驚かされます。
付加的要素になりますが、工事コストは極限に安価になりますね。

もう少し掘り下げると、
実際アスファルトに直接描いた物は端っこから少しずつめくれてきたりする可能性が
大いにあります。
ではこれらをデザインしたデザイナーさん達は
なぜこの手法を使用することができたのでしょうか?

デザインに寛容であるお国柄?
それとも少しぐらいのことは気にしない人種ならではなのでしょうか?
本当にそこが知りたいですが 詳しい方がおられたらぜひ話をきてみたいくらいです。

いずれにせよ、このオアスタットという街自体が現在建築ラッシュで
尚且つ他国等のデザイナーが力を競い合いながら発展途上の街という事を考慮してみても
大胆な考え(思考)には驚かされます。

では日本で置き換えるとどうなるのか、
そもそも日本の個人住宅の敷地内でアスファルト敷きと言うのはほぼ有りませんので、
土間のコンクリート仕上げに何かデザインを描くという事になりますね。
前回お話した透過性、浸透塗料も面白そうですね。
何となく自分の頭の中を通って使えそうな技法がでてきそうです。
この様な繰り返しで自分の中にデザインの引き出しを沢山作っておくということが
非常に大切で、いざという時に役に立ちます。

やはり自分の頭に無いものを見て感じることはとても大事だなと痛感いたしました。

他と同じものが嫌いなsotoDesignとしましては「やられた~」感が強いですが
この強いインパクトを頭に叩き込み、
現在進行中の外構工事やプレゼンプランに活かし
お客様へのデザインに少しでも取り込んでけるように努力してまいります。

 

階段について 日欧の違いとこれから

デザイン研修ではディテールについて色々見てこようと思っていましたので
工事現場を回った際に見てきた エクステリアの階段の作られ方について
少しお話してみたいと思います。

デンマークの新市街は 建築工事が多く進行中です。

両脇にコンクリート二次製品(つまり規格製品)の壁が有り、
その中を これ又二次製品の階段ブロックが使用されています。
この方法は 日本でも使用される工法ですが日欧での絶対的な違いは
前回も少しお話しましましたが 地面の強度(地耐力)だと思われます。
直接デザインに関わる事ではありませんが、
施工手間という点では、大変な差がでてくる事となります。

二枚目の写真をご覧頂くと少しお分かり頂けると思いますが、
北欧の地盤は基本岩盤で非常に強固なため、下地処理がほとんど無いように見えます。
仕上がりレベルだけ確認して そのまま並べて置いていくように完成
日本では きっちりと下地処理をしておかないと、後に仕上がりが不陸(ガタガタ)になります。
これは大陸と島国という地球レベルでの差になりますので どうしようもありません。

階段のデザイン面で言いますと、
その強固にする厚みやパーツが不要なぶんだけ
物凄くシンプルな構造となり かつ素材そのもので階段が完成してしまうので
形としては これ以上シンプルなものは無く、
sotoDesignの嗜好にぴったりの 好感の持てる仕上げに感じました。
しかし この軽さや薄さが可能なら もっとデザインできるんじゃないかな。

 

そこで、sotoDesignで 階段がこんな風にできたらいいな、という例を作ってみました。

あくまでもCAD図の段階なので、
ディテールや強度面のことは解決しておりませんのでご了承下さい。

ごく薄く 向こうが見えるようなそしてカラフルな着彩ができれば
これまでの外構デザインに 新しく大きなプラスが生まれる気がします。

こういったマスプロダクト等が出てきてくれると楽しいですね。

sotoDesignに設計依頼をいただく皆さんからは
こんな新しい驚きのある提案をご期待されているのではないかと思うので
今後 そのご期待に応える方法はないのか いろいろ調べて勉強して
実現が叶うようにしたいと考えています。

 

 

 

環境による建築のちがい

外構、エクステリアデザインを生業としてしていますが、
関わり合いの深い建築にも興味があるため
北欧での 観光よりどちらかというと 建築見学を楽しみにしていました。
もちろん 歴史のある建物も多く
今回の研修では言葉に表せないほど 素晴らしい建築にも沢山出会え、
大変勉強になりました。

本日はデザインの事では無いのですが
明らかに 日本と北欧での構造の違いを見たのでそれについて。

 

一枚目の黒いシャープなビルは、オアスタットの駅前ビルです。

建物に凹凸があるわけでもなくデザイン的にも何の変哲も無い四角いビルですね。

二枚目の写真をご覧下さい、建築中の集合住宅の写真です。

この日は日曜日で建築現場は全く動いていない状態でした。
複数の現場を自転車で見て廻ったのですが工事人を一人としてみることが無かったです。
休日の割り切り感が徹底していると感じました。
その休日の現場を フェンス越しにシャッターを切っていると
変な顔で見られることもしばしばありました。

そんな時に撮った一枚の写真ですが、
「沢山出窓があるな~、この様なデザインなのかな?」と思い写真を撮っていました。
このまま完成すると 外構や外回りはどうすれば・・・?

その後何軒かの現場を視察中にわかったのですが この出っ張りは出窓なんかではなく、
壁厚になる厚みだったのです!
つまり建物が完成された時には何事もなかったように
1枚の写真のような 窓と外壁の面は同じになり、普通の仕上がりになるようです。

北欧の冬は体験したことがないのでわかりませんが、
この壁厚を見ているとなんとなく想像が付きますよね。(私達が訪れた時は真夏です)
恐らく日本の住宅の壁厚では寒くて快適に過ごせないのでしょうね。
このような構造の違いは 気候の違いにしかほかならないのですが

では、室内は外見から想像するより狭いのか、と考えがちですよね。

日曜なので、現場関係者がおらず 少し外から覗かせてもらいました。
さすがデザインの国ですね、とても割り切った考えのように見えました。
ここにキッチンがあるのか?とか
玄関ドアとリビングのマドが一直線で庭先まで丸見えです。
日本では考えれないですが
この割り切りで、全く狭さを感じないどころかすごく魅力的に見えました(脱帽!)。

家の外廻りは写真に収めることができましたのでまた後日 詳しく書き込みます。

これらの構造も、デザインもこの厳しい気候から考え出された結果なのでしょう。

ちなみに、壁厚の件で後日ガイドさんにお聞きしたのですが、
北欧では壁厚は32センチとお聞きしました(もし勘違いでしたら、スミマセン)
すごい厚さですね。
お国変われば、事情も変わり結果デザインにまで波及してくるという事ですかね、、、

 

次回書き込みもドンドンしてまいりますので、宜しくお願いします。

 

 

デザインの重さ

このところエクステリアの話でも外構の話でもなくて、
プロダクトデザインや色彩の事が多くなり本当にすみません。
ですが 私自身は 外構をデザインするのに大切な事と思い書き込んでいます。
巷にエクステリアや外構デザインの事についての書き込みは多数あります。
私もエクステリアデザインを手がける立場にありますが、
これからも少し別の視線や考えで書き込んでいき、
尚且つ他と違うブログが書ければと考えてますのでご了承下さい。

 

さて、またまた北欧で見てきた
パブリックデザインとプロダクトデザインについてになります。

写真をご覧下さい、デザイン自体が生き生きして見えませんか?

 

ブランコと風防?
乗って遊ぶ遊具ですが どれ一つ取り上げても日本との違いを感じられずにはいられません。

では、「この違いは何なのでしょう?」いくら考えても明確な答えなどでてきません。
公共デザインを取り巻く 気候的背景や社会的背景の違いぐらいしか思いつきません。
やはり長い時間掛けて培われてきたお国柄という事が大きいのでしょうか。

お国は違えど、当たり前ですが人がデザインしているのですが
違いは歴然です!

ちなみに 北欧は物凄く高い税金が有名ですね。
公共の施設を計画する時に 実行予算を無視することは絶対にできないでしょうが
詳しくはわかりませんが
予算組までもがしっかりなされているから
デザイナーはデザインに没頭できる環境なの?と考えたりもしますが
お金があるから良いデザインが成立するとも限らないです。

 

北欧デザイン、奥が深いです

現時点で自分なりの答えは出せていませんが、こうして何度も何度も文章にしていると
少しずつですが 紐解けてきそうな気もします。(ゆっくりですが)

普段 エクステリアデザインや外構デザインの事を考える時に必要なのは
ヒラメキと現実の折り合いだと考えていますが、
北欧の皆さんの作品を見ているとヒラメキの方がかなり優先で
現実の方はと言うと少し後回し的に見えます(これは褒め言葉です)。

自分の創る作品もそうスタンスで創造していければと憧れがありますが ぜひ実現して

ヒラメキ > 現実の思想で創造してまいります。