カテゴリー別アーカイブ: ガレージ 車庫カーポート

耐降雪 対強風のカーポート

シリーズで書いていた エクステリア施工の見積もり内容に沿った
ブログ記事から 脱線しますが

毎年 この時期に書かせてもらう 耐降雪カーポートについて
今年は 強風に対してのことも 書いていきます。

2016年1月19日のYAHOOウェザーでみた 今日明日の降雪予想量は
北海道で120cm  東北中部などで60~80cm  石川富山など日本海側北部で100cm
関東近畿中四国で30~50cm  九州で10~20cm

現在 国内のエクステリア金物トップメーカー3社
LIXILさん三協アルミさんYKKさんともに 最高で200cmの雪に対応する
豪雪地方用のカーポートがあります。
ただこれは 新雪といってふんわりした軽い雪で計算されていて
もっと湿った重たい締り雪やザラメ雪では重さが全く違うので
(新雪とザラメ雪は 重さの計算式の数値が 新雪0.3ザラメ雪0.7になります)
2メートル積もっても大丈夫!というわけにはいきません。
上記の数値の対比を考えると 重い雪なら42%くらいで新雪100%の重さになり
200cm対応のカーポートも 雪によっては わずか80cmで
重量オーバーとなります。
ということは 豪雪地域ではない都心部で カーポートの一般的な製品を購入した場合
20cm対応になるので。。。8cm!で 重量いっぱいってことです。
けっこう少ないと思いませんか?

さて それに加え ここ数日吹き荒れる強風について ですが

同じくYAHOOウェザーより 強風予想が出ています。
予想瞬間最大風速は 北海道で45m  東北で30m
北陸関東東海近畿中国四国は 35m 九州で30mだそうです。

これに対して 各社のカーポートは
一般的なもので 風速38mから42mの機種が多いようです。
ただ 風については 設置されている場所にもよります。
トンネル状の場所だと 吹き上げる力が働いたりして
瞬間的にものすごい力がかかることもあります。
また 2台用とか片足とか両足とか
タイプにもよって強いもの弱いものが考えられますので これも一概にいえません。
雪より 風のほうが 予測を裏切るような気がして少し怖い気がします。

毎年 書いていますが
天気予報で しょっちゅう耳にする「記録的な」という言葉
予想もしないことが起こることもあります。
近隣にもご迷惑がかかることもありますので ご自宅のカーポートの様子
気をつけて観察されてください。
また 見ている時に物が飛んできたりして怪我をされませんように
あわせてご注意くださいね。

駐車スペースガレージ工事

外構にはかかせない ガレージの工事についてが今回のテーマです。
車が売れない等と言われますが ガレージいらないというご依頼は
ほとんどありませんから やはり車を駐車するスペースが必要だということですね。

駐車ガレージはほとんどがモルタルの土間です。
仕上げとして グラベルやタイルもありますが 汚れますし
ほとんど土間仕上げになることが多いです。

2
ただ 入口のゲートが必要なら オーバードアであったり
アコーディオン門扉であったり 設置することになりますが
アコーディオン門扉はずいぶん少なくなりましたので
つけるとしたらオーバードアがほとんどです。
1台用も2台用もありますが けっこう高額な商品です。
同じくカーポートといわれる 屋根もそうですね。
耐積雪のものや 熱線遮断の機能のものなど
大きさや機能で価格がさまざまですので よく検討されてください。

すっきりさせるためにも 何もつけないで オープンのままの計画も多いです。
それはお客様のご要望によりますし 地域性もあるかもしれません。

それから
お客様の車があるときに ちょい停めできるような車寄せスペースを作ったりすると
たとえば高齢になってから 介護が必要になる時にも 大変便利です。
スペースが有れば きちんと駐車できる場所が キープできるといのですが
なかなか難しい場合も多いと思いますので
新築の際に 事前に少し考えてみてもいいかもしれません。

車のサイズや 台数によって
また自転車置き場はどうするのかとか
よく使用される部分についてですので たくさん相談して
ご家族内でも意見をおまとめになって
後々後悔のないように計画される必要があると思います。

では 次回は外構のぐるり一周
外柵工事について お話します。

異常気象と エクステリア

大雨や竜巻 そして高温
今年は特に 天候が安定せず 想定していなかった事が起きて
驚かされることが多くあります。
ニュースで「記録的」という単語が 毎日毎日繰り返されていますが
日本はもはや 温暖湿潤気候とはおもえない気候になってきました。
今月も雨の多い月になっていますが また台風がやってくるという予想もあり少し不安ですね。

そういえば このブログ上で 昨年「台風とカーポート」
という記事を書きました。ご興味あれば 再度 読んでいただければと思います。
こちらから 行けます→→ http://g-net.main.jp/blog/?p=140

 

施工をするものとして この頃の異常気象には泣かされます。
これまでなら問題のなかった製品が 反ってしまったとか変色してしまったとか。

もちろん
それは制作されているメーカーさんがテストしてきていると信じて使用してきているわけですが
5年前にも同じものを同じような条件で使用したという経験があっても
想像できない環境条件になったとしか思えない 驚きの変化があったりします。
メーカーさんに問い合わせて「理由はわからない」 と言われたとしても
こちらはお客様都の窓口でもあり 知らないというわけにもいかず
お客様のご理解をえて 交換したりする事態がいくつかあるのです。
工場生産の規格品ではなく 施工を売る仕事なので どうしようもない。
何があっても不思議ではないと覚悟して 施工続けるしか無いですね。
起こったら対処させていただきながら 過ごしてきています。

 

屋外なので 気象や気温 紫外線の影響は受けやすいものなので
少し ご理解いただけたらありがたいですが

ともかく 異常とか記録的 とかメーカーさんも 我ら施工者も 想定できない環境の変化が
これ以上 起こりませんように!

 

自転車置き場 サイクルポート

今日は 自転車置き場の例を まとめたいと思います。
それぞれの作品については リンクをはりますので
詳しくは そちらの作品ページで 確認ください。
もちろん ご質問があれば メールやお電話 お待ちしています。

 

さて
自転車はご家族 とくにお子様がいらっしゃると必ず必要なスペースになります。
自転車は毎日乗る場合 出入りしやすいことや駐車の邪魔にならないことが
必要になってきますね。
とはいえ 敷地には限界があるので なかなか難しいのが自転車置き場ということです。

 

事例1
建物の脇に屋根をかけたスペースを使う

005

 

ちょっとわかりにくいのですが

右の ステンレスを貼った門柱の後ろに 建物からテラス屋根をだしているの
わかりますでしょうか?
門柱のうしろから アプローチして入るのですが
自転車を押して入るなら 入りやすい動線だと思いますし
自転車が 雨に当たりにくいですよね。目立たなくて家もすっきりみえます。

全体写真などほかの写真は こちらの作品ページをどうぞ
http://g-net.main.jp/w1g_senzaki.html

 

事例2
車庫スペースを利用する方法

002

こちらは ガレージに来客用の予備のスペースがあり
普段はそこには 自転車が停めて置ける というもの。
広いからこそできるかもしれませんが
自転車1台に 奥行2m幅60cmくらいあれば 置けるとされていますので
車庫のわきに 自転車のスペースを確保することは
うまく考えたら 可能だと思います。

こちらの作品 詳しくご覧になるのはこちらへ
http://g-net.main.jp/w1b_yasui.html

 

事例3
ガレージと離して確保できる場合

たとえばこんなスペースがあれば理想的
003

こちらは 門の左にガレージを 右に三角形に囲った自転車置き場
贅沢ですが 自転車による車への傷も気にしなくていいし
できたら こんなスペースがとれるといいですね。

こちらの作品の全体の様子などは こちら
http://g-net.main.jp/w1h_oyama.html

 

最後に ちょっと見たことないバージョンで

事例4
ウェット生地でできた カラフルな屋根のある自転車置き場

takahashi002

右奥 自転車が見えますが
みずいろの屋根がかかっているのがわかります。
ウェットスーツの生地で 自転車置き場の屋根にしました。
ウェットスーツの生地は水を通さないので
きちんと屋根の役割を果たします。
色は自由に選ぶことができます。
以前は 頒布でも製作しました。
布で作る際には どうがんばっても
紫外線で生地が傷みやすく 張り替える必要がでてくることをご理解いただきます。
もちろん
オーニングの生地を使えばもっと耐久性はあがりますが
カラフルなものはかなり高価になるので 考えどころですね。
でもハードなものが多いエクステリア製品のなかで 布製は魅力的。
個性的で印象に残る エクステリアが実現できます。

この作品のページは こちらになります
http://g-net.main.jp/w1i_takahashi.html

以上 様々なタイプをご紹介しましたが
敷地により 条件により またはご希望によって
もっと色々な回答をご提案できるかと思いますので
外構計画にお悩みの方は ぜひ一度 お問い合わせください。

http://g-net.main.jp/

 

 

階段のある エクステリアプラン

今日は 階段のあるプランをピックアップします。
道路との高低差 敷地との高低差など
高低差のある場所を解決するために 傾斜を利用したり
階段を設置したりします。

また後日ご紹介するガレージについては傾斜面での処理しか 仕方がないですが
高低差をドラマティックに演出するような階段の設置は
アプローチにしばしば使い 好評を得ています。

例えば こちらは前面道路が傾斜のつよい坂道のお宅
建物は 擁壁のうえ 一段高い位置に建っています。
ガレージでにグリーンベルトや目字など 道路とのバランスをとったあと
建物へ登る階段を タイルにて制作しています。

thum3

 

アプローチの左右に 高さの違うガレージを配するほど
道路の傾斜が強い立地条件でしたが
階段のアプローチを二方向から入れるようにして
ストレスなく 美しくまとまっているのがわかります。

詳しくは sotoDesignホームページ
「傾斜道路をドラマにするデザインエクステリア」
http://g-net.main.jp/w1i_takahashi.html

 

同様に 建物までに高低差がある敷地は 多くあります。
次にご紹介するのは 緑のお庭があざやかなこちら。

002

 

写真左がガレージ右がお庭
手前側の道路から 門扉をぬけて回るように階段を登り玄関へ
玄関からお庭へ そして道路への動線とは別に
ガレージと玄関の動線も きちんとつないであります。

詳しくは こちらの sotoDesignホームページ
「ナチュラルモダンエクステリア」
http://g-net.main.jp/w1j_sugino.html

 

もうひとつ 弊社の作品の中でも人気のある作品は
宙に浮いた階段をもつ こちらのお宅です。

005

こちらも敷地前の道路は急勾配
敷地自体も道路に向かって ぐっと下がった条件でした。
施工に自信があるからこそ できるデザインというものがあります。
こちらは その代表作のようなもの。
丁寧で手間のかかる作業から生まれる 美しい外構が完成しました。

この作品のほかの写真はこちら sotoDesignホームページ
「シャープなデザイン設計」
http://g-net.main.jp/w1e_tetui.html

 

ほかにも外構施工例でいっぱいの sotoDesignホームページhttp://g-net.main.jp/
どうぞご覧下さい。

 

台風と カーポート

台風の多い気がする 今年

施工側としても気になるのが カーポートの屋根です。
幸い ここ大阪は台風が直撃することが少ないのですが
予想の範疇をやすやすと越える 昨今の異常気象をみると
いくらメーカーさんがテストを重ねた既製品であっても設置場所によっては 心配になります。

 

風が吹き込む環境や 高さがある敷地 カーポート柱が長い場合など
施工もきちんと行い普段通りお使いなら問題がないところも
瞬間的に 想像以上の破壊力を持って通る風が発生する可能性はあります。
カーポートはもともと片側の2本の脚で支えているのが一般的ですが
風の不安がある地域なら または降雪量の多い地域も
格好が悪いかもしれませんが 4本脚のカーポートも検討する必要があります。

あとは耐風圧の設計になった商品もあります。
一般的なカーポートの耐風圧が 秒速34mの風に対応しています。
耐風圧設計のものだと 秒速38mから42mの風に耐えるもの
また それにオプションを加えることで
毎秒46mから54mまで耐える 強固なカーポートにすることもできるそうです。

もちろん価格も高くはなりますし
設置する向きや場所も よく検討されるべきだとは思いますが
ここは風が強い 台風がよく通ると思う方がいらっしゃるなら
一度 エクステリアの専門家に ご相談されることをおすすめします。

 

みなさまに何事もありませんように。

 

エクステリアの積雪仕様

地域によっては 大変な雪が降っています。
普段から 雪が多くは降らない地域でも いきなりの大雪で 被害が出ています。

仕様自体が 一般仕様で積雪仕様でないのが普通ですから
まさか倒壊するなど想像もしていなかったものが 壊れてしまうのを見て
はじめて雪の重さに驚くことでしょう。

雪の重量以外にも 溶けたものがすみやかに流れていくかどうかも問題
雨や雪溶水の排水が しっかりしてることが望ましいですね。
雪以外でも 昨今の夏場のゲリラ豪雨にも対応できます。

ニュースなどで 問題になっているカーポートの倒壊
一応 各社メーカーでは 積雪に対しての注意や仕様説明が明確にあります。
種類にもよりますが だいたい一般使用では20センチまで が基本です。

例として トップメーカーLIXILさんのホームページから借りてきました。

雪の種類と 安心して使える積雪量の目安はこちら。

carport_a5

見てお分かりのように サラサラの雪か雨まじりの雪かで
重さが違うので 倍ほど重量がちがってくるようですね。

大阪から青森へ 諸用で行っていた主婦の方が 雪下ろし雪かきを体験したそうですが
朝に一度 午後に一度やらないと いけないんだと言っていました。
外へ出られなくなったり 車が発車できなくなったりするそうです。

カーポートも油断なく 表や規制に頼りすぎずに
こまめに下ろしていかないといけないのかもしれません。

 

どうぞ みなさん無事で 過ごされますように。

 

 

エクステリアと 夏の暑さ

今年は 異常なくらい暑い毎日でした。
雨も少なく 気温も高くて 体調をくずす方も多かったかもしれません。

エクステリアにも 変化があります。
まずは庭木
以前は 庭は南向き!と言われていましたが
近年 南向きよりもむしろ 北や東向きのほうが
植物や植木が元気だったりするようになりました。
あまりにも 気温が高く 雨が少ないから
根の浅い植物はもちろん 根が深いはずの庭木も
大きな影響をうけてしまいます。
日が暮れてから しっかり水やりをしていただくように
お願いしています。

そして エクステリアのなかでも
ウッドデッキなどの痛みも 夏の日差しに影響受けます。
反ったり 色が変色・退色することも多く
しみこむオイルタイプの塗装をあらかじめ塗布して
メンテナンスをしていく他に ありません。
ビスがういてくることもありますので 怪我などしないように
こまめにチェックなさってください。

まれに あまりの暑さに 膨張したり
貼っていた表札が外れたり そんなこともあります。
アルミの手すりが 熱くてびっくりする!なんて話もあります。

そうそう
機会があれば 検証してみていただきたいのが
新しい熱線遮断素材の カーポートの威力です。
新しく設置されたカーポートは
熱線遮断の素材がよく ほんとうに 熱を感じにくく
涼しく感じられるものです。
ちがいはないだろうと思っていたら 意外にすごく違いが感じられます。
気にしてみてくださいね。