カテゴリー別アーカイブ: お打合せや進行

実植物、確認の大切さ!

本日は、お客様のU様とsotoDesign及び
宝塚の金岡摂陽園社長とで大変暑い中になりますが
次回の工事で 実際に植える植物を下見に行き、
マーキングをしてきました。

最近では、自社畑を幾つも持っておられる植木問屋さんは
本当に少ないので
この様に 実際の植物を見せて頂けるところは
物凄く貴重な存在になりつつあります。

私どもsotoDesignでは
普段から3Dキャドにて、つぶさに内容はご確認頂いておりますが、
植物においてはキャドに入っているデータだけでは
サイズや茂り方など 中々イメージが掴めないので
お客様のご要望が有れば、同行頂き
現地で枝ぶりや大きさ等をご確認してもらっています。
実際にご覧になって 気に入って頂ければ
その場で、マーキングを行います(いわゆるお取り置きですね)。

私自身何度も同行下見を行っていますが、
何度経験しても言えることは 枝ぶりやスケール等
実際に目の前にしてみないとわからない事が一杯あります。

今日の下見でも同じ樹種なのですが、全く雰囲気が異なり
お客様のほうから「こちらの樹の方が好き」と言うお声を何度もお聞きしました。

暑い中ですが本当にご案内して良かったなという気持ちになりました。

勿論、樹医の金岡社長とデザイナーのsotoDesignが同行しておりますので、
あまり良くない選択をされようとした時は、きちんと説明をさせて頂き
ご理解・ご納得のうえ 変更をさせて頂くという作業の連続になります。

実際、お客様に対して植物の下見と言う事になっておりますが、
sotoDesignも知らない事をお客様と一緒に勉強させて頂いている感じです。
やはりプロ 金岡社長には何時も脱帽です!

ともあれ、本日の植物は有意義な時間になったと思います。
これらの植物達が 実際現場に収まった想像をすると
完成が 今から非常に楽しみになってきます。

外構、エクステリア、植栽の時期は盛夏過ぎ頃を予定しております。

一番暑い時期は植物にとってもベストな時期とはいえないので、
この時期は避けて施工に取り掛かる予定となりました。

このブログでも おって状況を紹介してまいります。

 

初回ヒアリングで注力すること

本日は 外構の新規お問い合わせ頂いたお客様と
どの様な打合せをしていくのかという事を少しお話してまいります。

sotoDesignは基本的にこちらからの営業は行っておりません。
ほとんどの方がWEB(ホームページ)からのお問い合わせになります。
一部紹介や工務店(建築業者)さんからのお問い合わせもありますが、
基本的にはWEBサイトからのお問い合わせが中心となります。
(建築業者さんからもWEB問い合わせになります)

お車でお越しのお客様が大半なので
(電車でお越しの方はご希望が有れば駅までお迎えに上がります)
当社の駐車スペースに車を止めて頂き、打合せ開始になります。

まずは建築お引き渡し予定日やその他の日程をお伺いします。
その後お客様のご希望を細かくお聞きしていきます。
例えば、自動車保有台数や駐車場を何台分確保するか、来客用車寄せが必要か等々
カーポート屋根が必要か否か等細かく確認していきます。
同時に自転車の保有台数や屋根等のお話も致します。

後、敷地を取り巻く環境や外柵の有無も忘れずに確認致します。
このあたりまではどのお客様にも同じように確認する項目となります。
このあたりから、各々邸別にお客様のご希望のスタイルや
色の好き嫌い等の細かい事までお聞きしていきます。

お客様のお話をお聞きしながら、
当社のこれまでの作品の中で客様のご希望と似た完工写真を御覧頂いたり、
細かい部位の写真等も同時にご覧頂きます。
この時に色々な製作してきた門柱や階段その他製作してきたものをご覧頂きます。
同時に そういうプロダクトがワンオフで製作した時の
メリットやデメリットも説明させていただいきます。
その時の話の流れや、雰囲気はsotoDesignの初会打合せ時の最も重要な部分となります。
これは、お客様が製作物にどれ程興味をもたれ又、望んでおられるかを見極めるためです。
この事を頭に入れてのプラン作製が非常に重要になってきますね。
この部分を的確にとらえていないと作製したプランが気に入って頂けなかったりします。

ともあれ、お打ち合せ前と後でお客様の気持に変化が芽生え、
sotoDesignでお願いしたいと思いながらお帰り頂けるとこそが
ファーストヒアリングの最大の目的になるでしょう。
人と人ですから 第一印象が大事なのは
みなさんもよくご理解のことでしょう。

後は聞き取った内容で、
ご希望に添えるプラン作りに注力していくという事がsotoDesign流です。
あまり気にしたことがないのですが、一年に何件くらいのプランをしているのかな?
又これまでこの業界に入ってどれくらいの人のためにプランしてきたのか?
とか考える事もあります。
特に何時も同じようなプランにならないように強く心がけています。
プランの焼き直しはしないと何時も自分に言い聞かせながらのプランニングになります。
(これが なかなか簡単では有りません)

日々、これらの繰り返しを行っております。
今回も文章にしてみて、またもや初会ヒアリングの大切さを思い知るsotoDesignでした。
最後に、初回ヒアリングに必要時間は平均2~3時間程です。

 

現場打合せと進捗

うだるような暑さが続く中
Y様邸の現場監理と  施主様との外構工事現場での寸法変更等の打合せでした。

お打ち合わせも 屋外だと大変な季節。
Y様、暑い中 お時間頂き ありがとうございました。

何度かの打合せと、
完成後のイメージがし易いように3Dキャドにて色々な方向からご確認を頂く(LIVEスケッチ)
そして ご契約、着工に至っているのですが
やはり 日々完成していく現場にてお打ち合せせねばならない事が出てきます。
その都度現場にて 暑い中でもの より良い完成の為にはどうしても
目で見て確認しながらの打合せが非常に大切になってきます。

 

お客様とは図面と実際の現場を確認しながらの打合せが終了し、
今度は 外構職人さんとの打合せと確認になります。

 

 

sotoDesignの設計はよりシンプルな外構デザインを試みること多く為、
一箇所の寸法や角度を決めるとその他の部分もおのずと決まってくるデザインが多く、
寸法及び角度等には特に注意してもらわないと図面通りの完成ができません。
それは 端正なデザインゆえ 直角や水平を基調として設計しているからに他なりません。

少し分かりにくい説明かもしれませんが、平面図を見る限り一見は簡単に見えるのですが
現場で工事を進めて行くと 中々難しい収めになっていることが多いので注意です。
実際に合わせて 変化することも必要で その対処は平面図には現れて来ないからです。
もちろん 立面図とカラーパースはきちんと作製いたしますので
最終的な完成図は変わらないのですが
見えない部分では いろんな職人の知恵や経験がいかされています。

現場にてこちらの完成イメージをきっちりと職人さんに理解頂いて それを目ざし
間違いの無いように注意して工事を進めていきます。

例えば3Dパース図で 白いブロック塀の縦スリットの部分をご覧下さい。

厚み分 前後にずれているのがご覧頂けますでしょうか?

このかべのズレ寸法は 壁厚とスリット幅が同じプランにしていますが、
1/100スケールの平面図では読み取る事が容易では無いので、
現場できっちりと打合せしていきます。
この様なこだわりの寸法をきっちりと守ることで、
見た目にも美しいと思える現場に仕上がっていいくと信じています。

大変暑く、季節的に厳しい時期に差し掛かりますが、
この様に設計者側の言っていることにキチンと耳を傾けてもらえる職人さんでなければ
納得のいく現場仕上がりにはなりませんので、この部分は譲れないところです。
それにしても受け入れ難い暑さの中
がんばってもらっている職人さん達には感謝の気持ちで一杯です。

私sotoDesignも造園屋の2代目なので、
若かりし頃の経験で現場の厳しい暑さは理解しているつもりです。
職人さんには もうひと頑張りいただいて
お客様にも感動頂ける作品にしていきたいと考えております。

 

樹木医さんとのお話

このブログで何度か紹介させてもらったことのある、
㈱金岡摂陽園の社長であり樹木医でもある
金岡社長に色々とお話や打合せをさせて頂きました。
(勿論 直近で植えなければいけない植物についても打合せました)

当社先代の頃からのお付き合いで、私自身が子供の頃から知ってはいますが
事務所に来てもらい 仕事の話をすることは一度もありませんでした。

 

いつもは 金岡さんのお店や畑で世間話やちょっとした事を話すぐらいで、
席について時間をとって ゆっくり話をすることは記憶にはないです。
今日はどうしても見て頂き、聞きたいことがありましたので、無理いってお越し頂きました。

それは、先代が大事にしていた黒松の調子の事です。
会長が亡くなってから ここ数年 なにか調子がよくなくて
だからといって 全て枯れるわけでもなく、、、

金岡社長に見てもらい 第一声目に「松の材線虫やね」

大量に入っているのではなさそうなので 自分達でもできる処方を聞いて
当社職人と実行していきます。
第一次の手当完了までだと 晩秋ぐらいまで掛かりそうです。
それでも絶対に大丈夫だと言えないらしいですが、先代が大事にしていた黒松ですので
出来る事はすべてやりたいと考えております。
無事回復した暁には またみなさんにご報告したいと思います。

松を診てもらったあと
数日後より着工する高槻市の新築エクステリア工事の植栽についての相談と
吹田市のお庭の大きな物件で 植栽工事のご依頼いただいているので
こまかな内容を プロ同士相談をさせて頂きました。

今回 普段使用している樹木の規模ではなく、
高さ5メートル級の樹木を 多数扱わねばならないので
自分自身で植栽計画した図面をCADで回しながら詳しく説明し
その後 金岡社長にご意見をお聞きしました。
自分よりはるかに経験のある植木専門の方のご意見
自分が想定するのと 全然違う樹種が出てくるのかなの思いましたが、
基本的には
自分の考えた植栽プランを認めてもらい、少し安心しました。(勿論変更点もありました)

大きな樹木を扱うプランなので、
現場への取り込み方法やクレーン業者さんへの取次まで
しっかり打ち合わせることができました。背中を押してもらえて 一安心しました。
図面はほぼ完成していて 後はお見積り関係の作成、そして今週末のプレゼンに挑みます

精一杯やってみます!

仕事の話を終え 世間話や先代との昔話し、樹木医になられた経緯等々
あらためて色々なお話が聞けました。
普段 聞く事が恥ずかしいような初歩的なことも親身に教えていただき確認できました。
本当にうれしく ありがたかったです。
当方事務所にお越し頂いたうえ、特別講習を贅沢に一人で受けさせて頂いた気分です。

今日は有意義な時間を頂きました、
㈱金岡摂陽園社長の金岡さん、本当に有難うございました。
このブログ書き込みの最中にも
帰社されていた金岡さんから早くも見積もり資料が送信されてきて お電話まで頂きました。
後日 金岡社長達に植え込みを共にしていただく約束です。
現場でご一緒できるのを楽しみにしています。
心強く 学ばせていただけることがきっといっぱいあるでしょう。

まずは、sotoDesignがお客様に良いプランを提出してご満足いただくこと。
初回プレゼン、より一層力を入れて参ります。

「金岡社長、頑張ってきますね」

 

プロが撮る写真撮影の意味

作製した完工物件の中でも限られた物件のみになりますが、
sotoDesignでは 完工後の写真をプロのカメラマンに撮影してもらっています。

最近は 奈良の近藤泰岳寫眞事務所・近藤氏に撮影をお願いしています。
たまたま近藤さんは私の大学の後輩になるという事もあり(学科も在学期間持ちがいます)
思えば 結構長いお付き合いになっています。

いわゆる「勝負物件」の撮影を中心に
sotoDesignのホームページのトップや施工コンテストのエントリー用写真に使わせてもらいます。

とても物静かな人柄で、写真にもその人柄が現れていると思います。
あまり攻撃的な写真では無く 素直な自然体な写真とでも言いましょうか
いつも、さすがプロの仕事と感心させられます。

写真撮影には 当然いつも同行し、
近藤氏の後ろから同じ様なアングルで写真を撮らせてもらうのですが
並べたら失礼ですが 私達の撮影した写真は全然上手く撮れなくて
同じようなアングルから撮っているのに不思議だなと思うこともしばしば・・・

これが正にプロの仕事、表面上の真似事では 良い仕事はできないということですかね。

私達デザインの仕事にも同じ事が言えます。

真似事や何々風では人々に感動を与える事ができないのでしょう。

近藤さんの写真(撮り手)に負けぬよう、
これからも魅力的な物件の創作に尽力していきたいと思います。

 

近藤さんの撮影した物件は 例えばこちら「吹田市・ガーデンリフォーム」

お庭で使う植木の仕入先

本日も植物の事についてお話をしてみます。
皆さんのお家に植えてある植木や、これから植えようとしておられる植木などは
どこからやって来るか考えたことはありますか?

以下の略図をご覧下さい

生産者→植木問屋→造園屋等の工事店もしくは園芸店→お客様

おおむね上記の流れでお客様の元へ届きます(例外はありますが)。

私がエクステリアのヒアリング中にお客様に同じ質問をすると
「え~と、山からもって来るのでしょ?」という方が かなりいらっしゃいます。

中には、山取り(山の持ち主に了解を得て直接山から掘り上げる手法)もありますが
ほとんどがそういうことではありません。

大多数の植木たちは生産者が育てた後に 植木問屋さんが仕入れて、
それらが商品(植木)として現場へ収められるという流れになるのですが、
最近少し流れが変わってきているようです。

これは 先代からお付き合いがある㈱金岡摂陽園さん(植木問屋さん)の社長から聞いた話です。
金岡摂陽園さんは 大阪府の植木どころ 宝塚市山本にある植木問屋です。
金岡さんのところには畑がいくつかあって 必要なら見に行くことができるようになっていますが
金岡社長がおっしゃるに
「宝塚市でも畑(ストックする土地)を持って営業している植木問屋は今はほとんどないのでは?」
との事だそうです。ちょっとびっくり。

理由は単純です。
広大な畑(土地)を保持しながらでは経費がかさんで経費倒れになるからだそう。
植木が昔より売れなくなった現代では なかなかシビアなところです。
それでも企業努力でこの流通形態を守られているのには頭が下がる思いです。

実はこの「畑を持っておられる問屋さん」がお客様にとって
非常に重要なポイントになってきます。なぜなら、植木にも慣らしが必要なのです。
一度掘り上げて現場に納入するまで そこで馴染んでもらうという大事な工程なのですが
保管用畑があるから実現できる事なのです。

私達デザイナー側から見てもメリットは沢山あります。
それは現場に合う植木を 現物をこの目で見て選定出来るという事。
同じ樹種で 同じようなサイズでも 枝ぶりや雰囲気などは一本一本全て違うからです。
ご希望があれば お客様もお連れして ご案内しながら現物確認をして頂けます。

こちらにとったらメリットでしかない畑(保管場所)を持ちながらの経営され続けている問屋さん
真摯に取り組んでおられるこの問屋さんの植木は間違いが無いと感じながら
先代からの ながいお付き合いをさせていただいてます。
無理も言ったり相談も聞いてくれて ありがたいです。

お客様の大切なお家に納入されていく植物達は、
努力を惜しまない 有能な問屋さんが守り育て そこからやってきています。
今はインターネット等で植木をご購入出来る時代ですが、
植え替え済の適正な植木かどうかということだけは 先方にご確認頂く事をオススメします。

 

 

 

外構完工が近づいています

外構工事の仕上げ段階に入りつつある現場へ
植木など 植栽を植えるために弊社の造園部を連れて行きました。

施工は天気にも恵まれてスムーズに行われてきて



職人さんによって ガレージ土間も整い門柱も積み上げてだんだん形ができて

 

すでにフェンスなども取付けてあります。

そこへ 植栽をしていきました。

先日も書いたように 無機質な外構のなかに鮮やかな緑が入ると
印象も変わり ホッとした空間になります。
たとえこれが 本当に少しだけのグリーンであっても同じことで
それぞれが完成したパーツたちを丸くまとめてくれるのが 植栽です。
なかなか都会では植木を植えるスペースが取れないものですが
たとえ1本でも 足下に下草だけでも植えると良いと思いますよ。
季節感もあるし 癒やされるはずです。

今回の門柱は 角の一部を大きく面取りして ステンレスを貼りました。
縦のシャープなラインが入って ぐっと引き締まります。

さて完工までは あと少しです。

「現地調査」ってなにをするの?

今日は お客様からのご質問で
エクステリアプラン計画前の「現地調査」とは 一体なにを調べるのか
また どんな所を重点的に確認しているのかなどをお答えします。

実際の作業手順も ヒアリングでお客様のご希望等をお聞きした後に
現地調査に向かうことが大半になります。

では、現地調査の際に どのような所に気をつけて確認しているのでしょう?

私の場合、現地に着いてまずは 側溝の有無や状態を確認します。
建築地の市町村や地域によってさまざまなのでサイズや形状も確認しながら
同時に 敷地境界線がどの位置に通っているかも重要な確認事項となっています。

そして 頂いた敷地内配置図などと比較しながら 隣地境界がどの様になっているか、
境界ブロック等があるのかないのか あればその高さや破損等の有無も きちんと確認します。

次に設備等の確認、
ガスメーターや水道メーター、最終汚水舛等も念入りにしらべておきます。

土地や道路の高さ(レベル)の確認ももちろん行い
その他、特に気になるところは重点的に確認します。

上記で説明した事柄を採寸したものなど細かくメモに取り、その上で各部位を写真におさめます。写真撮影では全景と各部位(アップ)の二種類を撮る様に心がけています。

この現地調査という作業は 実はなかなか大変で、
特にリフォーム物件を一人で調査すると 二時間程お時間がかかる場合もあります。
あまり時間をかけていると
どんくさいような(笑)なにか困ってるの?みたいな印象かもしれませんが

全ては事務所へ戻ってからの作業をスムーズに行うためのもの。
どの項目一つが抜けていても プラン作成時にとても困ります。
もし見落としがあった場合や よくよく図面と照らし合わせると ???となった場所があれば
もう一度 建築地へ確認に行く事もあるくらいです。

建築は途中で現地での変更があったりします。
その 現地での変更は図面には反映されてなくて
つまり お客様にお借りした敷地内配置図が 現況と違ったりする事もあるのです。
現地調査せずに当初のお図面だけで計画して もしご契約となったら・・・
実際施工する時 計画通りの外構を施工することができない事になったら・・・!
プランもお見積も 変えなくてはならなくなったら・・・
本当に おおごとです。

配置が変わったんですとか 向きが変わったんですとか
お客様が覚えていて 図面と違うかもしれないと言ってくださる場合はほとんどありません。
本当は住宅を建てたところが 速やかに新しく描き変えてくださるといいのですが
それも あまり期待できません。
なので やっぱり 図面と合致しているかの確認と
建築図面にはない箇所の確認は 正確な外構設計にどうしても必要なのです。

sotoDesignの設計プランはかなり緻密で
だいたいこんなぐらい~とは なっていなくて
外構とはいえ何センチ何ミリまで 詳細に計画していきますので
多少時間がかかっても きっちり現地調査を行うようにしています。

以上がsotoDesignの現地調査のご説明です。

 

 

お客様と最初に行う重要な事

今日は、設計ご依頼を頂いたお客様と 一番最初に行うことについて。

通常、設計ご依頼の方法として一番多いのは メールにてのお問い合わせになります。
その際、sotoDesignよりのお返事として
「まずはヒアリングをさせて下さい」とお返事致します。

そうです、お客様と最初に行う最も重要な事、それはヒアリングになります。

では、このヒアリングでどの様な事を聞き取りするのか?
ヒアリング自体 とても大事な事ですが、何も難しい事をお話したり、
お聞きしたりという事ではありません。
お名前、建築地、連絡先、竣工時期のような 必須事項をまずお聞きします。

続いて 弊社がこれまでしてきた 完工写真、CAD、資料写真等々を使い
お客様のご希望をお聞き出ししていきます。

sotodesignが最も注意しながらお聞きしている点は、
お客様のおっしゃる事に対して[押し付けない]、[言い切らない]をなるべく心がけています。
せっかくお客様が私に思いを伝えていただいているのに、
プロ目線からみてそれは違います、それはできませんというやり取りばかりでは
話しているお客様は きっと心が折れますよね。
わからないことばかりでしょうから 初回ヒアリング時は「とにかく聞く」に徹します。
さらに 初回ヒアリング時は
建築される現地を 見せていただいていない場合が多いので聞き取りに集中するのです。
ただし、現地を確認した後にファーストプランを目の前にしての打ち合わせ時は
プロとして お客様に良い事もそうでない事も きっちりとお伝えするようにしています。

この業界で仕事をするようになって(ハウスメーカー勤務時代も含め)
ヒアリング時に どの様にお聞き出ししようか そもそもしなiほうがいいか
迷ってしまう事があります。
初めに ご予算をお聞きするか、しないかという事です。
深読みしなければ、気軽に聞ける事なのかもしれませんが、
私にとってこれからも悩み続ける事柄なんだろうなと思います、、、

当たり前ですが、いくらプランをお気に入り頂いても
お客様のご予算があまりにも合わないと ご契約に至りませんよね。
できないものはできない
引っ越しするし インテリアにもお金がかかるし・・
外構にいくらでもいいという事はありえないですから。
そのような事は、30年弱ですがこの業界で仕事していればわかるのですが、、、

 

自分自身にも似たような経験がありまして、十数年前に自宅を建てた時に設計士の先生に
一応自分なりの予算はお伝えしましたが 結果的には予算をかなりオーバーしました。

でも予算を遵守するあまり あれもだめ、これもできません、無理です等々
どれひとつ融通しないやり取りばかりだったらどうだったでしょうか?
こうすれば良くなる という設計側の意見はどれも魅力的でした。
施主側からすれば 家を建てるのは一生に一度有るか無いかの事ですよね。
提案をすべて飲むことは もちろんできませんでしたが
いろいろ工面をして この機に!とやってしまいました(笑)。
あとでやろうとしてもやらないと思ったのと
新築の際にまとめてしまったほうが 分母が大きいぶん大きな額に感じないといいますか
思い切ることができました。

もちろん個人的な見解で当然 考え方はそれぞれですし
ご予算から はみ出した金額の大きさにもよりますが

いいプランができた → ご予算を少しオーバーした → ご相談
となれるのも ご予算がわかっているからこそ スムーズにどうしましょう?とお話できます。
デザインで勝負しているつもりですから 気に入って頂けるプランができたら
ご予算を超えていても なんとかそのあとすり合わせをしていって
実行できるように検討したり内容変更したりして
やっぱりsotoDesignさんにお願いしますと ご契約いただけることもあります。

あまり自分自身では意識していませんでしたが、こうして文章にしていると
ほんの少しですが気持ちの上で、整理がついたような、つかないような、、、

それは無意識の中で行っているのでしょうか、作意(創造)により少しでもこの予算問題に回答しようとしているのかと思ったりもしました(現時点では、言い切れませんが、、、)

いずれにせよ、ヒアリングと一言でいっても色々なドラマがあります。
難しい事も多々ありますが
お客様がお考えの丈を気さくにお話頂けるようなヒアリングにできればいいなと思います。
これからも初回ヒアリングを大切にしてまいります!

 

 

 

 

表札のフォント

オリジナルデザインで表札をお作りしているのは以前にも書いたとおりです。
さまざまなお宅にデザインしたデザイン外構にマッチするシンプルなものが多いのですが
表札の形がシンプルなゆえに 個性が目立つのが フォントのちがいなのです。

sotoDesignで制作する表札は
ステンレスのものと アクリルのものが多くあります。

 

これらは お名前のフォントをお客様に何種類か提案して
選んでいただいたものです。
フォントによって 表情が違います。
もちろん 漢字で表記されたいお客様もいらっしゃいます。
漢字表記 英小文字のみ あたま大文字 など


表記の方法だけでも いろいろあるのがご理解いただけるでしょう。

あとは文字のサイズ 文字の色 線の太さも気になります。
また ステンレスの抜き文字にする時はレーザーで抜いてもらうのですが
文字のなかにワタリをつけないといけない文字があるので
そこにはワタリをつけて画像データを作り 工場に注文しますが
このワタリが横勝ちとか 縦勝ちとかでも印象が違ってきます。

制作する表札自体の大きさとのバランスを考えながら
まず形 そして文字のご提案をして ご要望をきいて
叶えられるならなるべく ご要望に応えるようにしています。

外構の中の いわゆる顔になる表札なので より良い物にしたいですね。