カテゴリー別アーカイブ: 外構業界のこと

インターンシップ

本日より、大阪成蹊大学、芸術学科よりインターンシップとして
sotoDesign事務所で一名を受け入れております。

紹介者は大阪成蹊大学の准教授、山中コ~ジ氏です。

氏とは十数年前に自邸を建築した際に、
作り付けの家具を創ってもらってからの付き合いになりますが
当時、二十代前半だった氏が今や教え子を持つ教育者になっているのを見ていると
時が経つのが早く感じられます。

さて、今回インターンシップとして勉強しに来ている学生は
二回生の女子生徒になります。
sotodesignが学生の時に何処かの会社に行って何かを学ぼうと考えたかな?
どちらかと言うと、その日な。にをして遊ぼうか等ということばかり
考えていたような気がしますこのようなやる気の有る学生を見ていると、
昔の私と重ね合わせてみて少し恥かしくなります。

又、ちょうど私の息子達とほぼ同じ世代の子なので、
どのように接し、何が教えれるかを考えてみたのですが、
教えるというよりも私の仕事お様子をそのまま見せて、
そこで何か少しでも感じ取ってもらえる物があれば良いかなと考えております。

この業界に興味があり、
少しでも触れてみたいという気持ちを大切にしてもらいたいです。
このように若者が興味を持てる外構業界にしていく努力を私達の世代が意識を持ち
進んで行くという事が大切だなと、再認識させられる
インターンシップ受け入れ初日になりました。

「やる気次第でなんでも出来るぞ、若者よ!」

 

 

 

真剣に考えるとアイデアは湧く

sotoDesignのデザイナーは 以前は住宅メーカーで新築の外構を設計していました。
住宅メーカーでは
新築営業マンが家を販売して 建設が家を建てて そのお客様がそのまんま
外構の設計部門にリストで流れてきます。
メーカーで建てる方がみんなお客様 みんなターゲット
そして 営業マンがおすすめしてくれるのと住宅メーカーの安心感で
お客様はほとんど疑問なく 外構の設計を任せてくださいました。
そういう点では なんの苦労もなかったのです。

その後 独立してお仕事をいただこうと思ったら
自分が 住宅メーカーの法被を着ていないこと
まず自分を信用していただくことから始まる営業という壁に ぶつかることになりました。
「誰も知らない 吹田の造園屋さん」が お客様から信用していただき 仕事を頂けるまで
さまざまな努力や工夫無くしては 歩いてこれなかったsotoDesignの歴史の一つです。

今と考え方は同じだったので
「真剣に考えたよいものを、ベストな提案をするつもりなのに
どうして話を聞いていただけないのだろう ご依頼いただけないのだろう」と凹んだりもしましたが
お話を聞いていただけたら 絶対にご理解頂けると思って
周知集客にはことさら真剣に向き合いました。
小さな会社が ネームバリューのある住宅メーカーに負けないために どうしたらいいのか。
その 必死に考え悩んで見つけたアイデアが
以前お話したDMであったりするのですが
そういえば こんなこともやったんだと思いだしたことがあります。
ここに 外構デザインをする人間がいる!とどうしても伝えたいと ひねり出したアイデアは
やはり現在の 「他社から出てこない外構デザインをご提示するsotoDesign」らしい
とっぴのないアイデアでした。

まず これをご覧ください。写真が古くて画像がよくありませんが 2006年12月のもので
弊社がはじめて建てた 看板の写真です。
看板といえば 目立ってなんぼ
大きな文字で たくさんの情報を盛り込むのですが あえて写真メインのシンプルな看板です。

看板の向こうにたくさんの店舗や多くの車が通る道路が見えると思いますが
さて これはどこに立っていたのか?


じつは 当時豊中にあった 東洋エクステリアさん(現LIXIL)の大阪展示場に来られる
外構工事をお考えのお客様が駐車する駐車場にむけての看板です。
それも
もとは 東洋さんの駐車場に関係のない隣のコインパーキングにあった看板で
向こうの道路に向いて立ってるものの 背中側。つまり正規の看板の裏側でした。


裏側なので看板の持ち主さんは最初驚いていましたが 格安で貸してくださいました。
何しろ正規の看板の裏ですから もともとお金になる場所では無かったのですから。

もちろん 看板を建てる前に東洋エクステリアさんには趣旨を説明をして
事前に了解をいただいてから製作しました。
東洋エクステリアさんにも なにも言われませんでした。
というか言えませんよね 他人の土地のものですから。
看板の効果はありました。
外構をお考えの方に対してピンポイントでアピールできるのです。
今のようにインターネットが完成されていない時代だったので
新鮮な情報として受け止めていただくことができたようです。

1年ほどして看板は下ろすことになりました。
どうやら 他社の外構業者さんから 東洋エクステリアさんに苦情が入ったらしいです。
sotoDesignだけずるいじゃないか と。
だけど ずるいでしょうか?
考えに考えてなんとかsotoDesignがあることをお伝えしたいとの熱意が
誰も気にしなかったすでにある看板の裏を有効活用することを思いつかせたのですから。
しかも 事前に了承も得てあるし。
看板のオーナーさんも残念がってくださいましたが 業者間でケンカしたいわけでもないし
正直言うと
「sotoDesignのデザインを伝えさえできれば お客様は来てくださる」と気づけたので
もういいかな と思うことができたので 速やかに看板を下ろしたのでした。

弊社が看板を外した後 だれも使えないようにその場所には
東洋エクステリアさんが看板をあげました。
そして展示場は 近年移転となってしまったので
この場所で営業用の看板を上げられたのは sotoDesignだけだったということになります。

以前
地下鉄の階段一段一段に 広告を貼り付けたのは なにわ商人だったと聞いたことがあります。
どうしても伝えたい思いがあれば
どんなすき間も どんなチャンスも見逃さない・・・はず だと思います。

伝えたいのです。sotoDesignが みなさんのために真剣に外構デザインできること。
自信を持って施工できること。
きっと喜んで頂けること。
どうしたら 外構にお困りの方にめぐりあうことができるのか
今も 真剣に考えています。

外構に何を望まれるか

外構に何を希望されているのか それをきちんとお聞きできること
これは デザインの元になるヒアリングで とても重要な部分です。

どんな家族構成で どんな車に乗っていて どんな雰囲気が好きで・・・
この辺りまでは ヒアリングシートがあればわかることですが
お会いしてお話するうちに もっといろいろなことがわかってきます。

防犯に対する考え方や 美観維持についての意識
これからのライフスタイルの変化に対しての想像力

何が正しいかは個人個人の感覚によってかわり 施主様にとってどうか?という
ごく個人的なご意見や感覚を確認させていただくことが
デザインの中にも生きてきます。

先日もデザインの盗用疑惑のニュースがありましたが
デザインには意味があります。
点一つ 線一本にも デザインをした者には 説明できる理由があります。
盗用かどうかは そこを確認したらすぐわかること。
エクステリアでもそうです。
デザインをたまに盗まれて 安価な施工をする業者にさせるお客様に出会うこと あるのですが
施工後 たまたま通りかかって見せてもらうと
デザインの中ですごく大事な部分が欠けているために 全体がぐちゃぐちゃになっていたりしますが
その部分が大事かどうか 盗用した人にはわからない
だから 台無しにしてしまうのですね。

このようにデザインにはひとつひとつ 理由があります。
そのデザインの根拠として お施主様の思考が必要になってきます。
それを加味して 機能性も美しさも叶えていくのが 私達デザイナーの仕事です。
お施主様は この新築の外構にどんなものを希望されているのだろう。
優先順位を整理しながら お話をして 必要なものを揃えていきます。
そのために お施主様に直接お会いして繰り返しお話するのは どうしても必要なことです。
このごろメールだけとか ご主人にはお会いできなくて電話だけとか
そういうご依頼も増えましたが コミュニケーション取りづらい場合もあって
できたらお会いしたいなと思うのが心情です。
お忙しいのはよくわかるので そのためにも ちょっと時間に余裕があればいいなと思ったりします。
そうそう
奥様に伝言で図面をお渡ししてうまくいく場合もあれば
お二人の意見がすりあわされていなくて 折衝が二転三転するときもあります。
奥様がだした意見通りに作って ご主人が電話で反対意見をおっしゃるとか(笑)。
・・・ご家族内でご要望は一致していただけると ありがたいですww。

建物の会社と別の所に外構を頼める?

住宅メーカーさんで家を建築された方

外構業者さんを 住宅メーカーさんから紹介されたり
住宅メーカーの中の 外構担当部門を紹介されたりしませんか?

知り合いに 外構業者がいるという方はあまりいないと思うので
紹介だし おかしなことにならないだろう 連携もできるのだろう と
その提案で 外構をお願いする ということ 多いと思います。
それについては以前にこんな記事を書きましたので こちらをご覧ください
「エクステリア業者の選び方」http://g-net.main.jp/blog/?p=15

ちょっと このころの記事 とがってます(笑)
あくまで一個人の見解で いろんな考え方はあると思いますが
よかったら 参考までにご覧ください。

ついでに 価格について こんな見方もありますよ
というのも書いたことがあるので こちらもあわせてどうぞ

エクステリアセット販売(住宅と一緒に外構を注文した時)http://g-net.main.jp/blog/?p=76

住宅メーカーに在籍していた者の 考えです。
何度も言いますが 個人的な見解ですが・・・

さて
住宅メーカーさんのご紹介以外に 自分がデザインを頼みたい業者を見つけたときに
心配なのが
施工を建物建築の後 スムーズに施工していけるのか
取り合いの部分とか うまくいくのか
など 引き継ぎの部分ではないでしょうか?

sotoDesignは 下請け業務をしていないので
施工注文いただくお客様は 100%、
住宅メーカーで家を建設して 外構工事をうちで注文された方々ですが
これまでに 引き継ぎや段取りで 住宅メーカーさんやお客様とトラブルになることは
ありませんでした。
住宅メーカーの工事担当さんや営業さんと 連絡する必要があれば
お客様を通して最初の連絡をしていただきますが
べつに なにもなくスムーズに日程や必要な業務連絡をする程度で
外構の工事へと移行していきます。

特にむつかしいことは無いように思いますが
お客様のはじめてのことですので ご不安はお察しできます。
ご相談などありましたら 遠慮なくお尋ねください。

逆に sotoDesignのことを 住宅メーカーの営業さんに自慢してくださるお客様も
なかにはいらっしゃいました(笑)。
図面をみせて 営業さんにも「仕上がり楽しみにしています」と
言っていただいたことも・・・

それはとてもうれしく ありがたいことで
よりよく施工したいと 気合の入る出来事でした。
信用は施工でお返し できたかなと思っています。

ご質問がありましたら ホームページの一番上に MAIL ボタンがあるので
メールでも もちろんお電話でも
ご質問受け付けております。

エクステリアを目指す人が 減っている?

エクステリア施工や設計をする人を探すときどんな検索をされていますか?
地域や 外構 エクステリア といった単語で検索されるでしょう。
エクステリア施工の会社をウェブでさがすとき
どんな会社があるのかも 知らない場合がほとんどなので
どうしても そういった検索になると思います。

たとえば「大阪 外構 エクステリア」など。

その時に お庭を充実させたいなら お庭 や ガーデン とも入力されますね。
同じように エクステリアデザインを大事に考えている方は
デザイン とか デザイナーとか 入力するかもしれません。
sotoDesignは デザイン重視のお客様に お応えできるよう
デザインや 機能美を大切に設計しています。それには 技術や経験や 日々の勉強が必要です。そんな エクステリアの専門家を目指す人が 随分減りました。

物を作ること デザインすることは奇抜なものをつくることではありません。
奇をてらうと 目立つかもしれませんが基本的な 構造や動線や機能が裏に含まれていないと
ほんとうにつまらない 使い勝手の悪いエクステリアができます。
きちんと学ぶこと 修行するのも含めて
エクステリアを真剣に考えて 身につけていく訓練が どうしても必要ですが

今 エクステリアにかぎらず 物をつくるひとが たいへん減っています。

販売業や 事務的なものを職とする若者が多くなっていて大工さんも 職人さんも
それをよしとして 目指す人が少ないのが 私たちの悩みの種です。

ものづくり大国 日本なんていいますが 今はそんな時代じゃないのかもしれません。
エクステリアも 既製品をセオリー通り並べるだけの設計が多く見受けられるので
ちょっとつまらない気がします。

お客様一人ひとり 違うご希望 違う条件
それをクリアした上で 美しく便利であるようにデザインする
そんな若者 でてこないかな。

デザインエクステリア って どんなことをするの?

前回のぶっちゃけトークの続き になるかもしれませんが
sotoDesognはデザイン外構とか デザイナーズ外構 という単語で ヒットします。

それは デザイン重視のエクステリアを提案しているから。

今もそうですが
外構屋さんは 2種類あります。

土木作業や造園作業 左官業などの方が 施工をお約束する場合
もう一つは
家を建てる時と同じように 設計やプランのご提案をして施工のお約束をする場合です。

先日書いたことは 生の真実ですが
住宅メーカーが 仲介をして 営業し稼いでいるように
sotoDesignも 施工を施工者へ発注しているではないか!とお考えになる方も
いらっしゃるかなと思い 今日の記事にしました。

sotoDesignは造園部を持った造園会社のデザイン室です。
もちろん エクステリア施工の全てを造園部にはさせませんが
撤去や整地 植栽や真砂土入れ ブロック施工などは自社でもさせていただきます。

残念ながら 正直言うと 造園部はほかのエクステリア施工者へ任せるより
施工に時間がたくさんかかったりします。
なぜかというと 毎日しているのは造園や植木についての作業だから
それと 丁寧すぎるくらい丁寧だから(笑)。

造園部は開業50年をこすキャリアと
個人のお庭だけをさせていただいてきた 特別な技術力が売りです。
時間に余裕のある場合や
造園に近い作業の場合は 造園部が施工させていただいているわけです。

そして そんな造園部を見ながら 思うのです。
提案力 デザイン力 カウンセリング力は それとは別物なのだなと。
職人というのは やったことを見ていただくしかありません。
十分なお聞き出しをしたり それにあった最新の商品のご提案ができたり
わかりやすく美しい製図で表現したりするのが 苦手だったりします。

それを 補うように sotoDesignは発生しました。

昔ならよかった「親方の頭の中にだけある」というのは もうダメで
お客様に施工前に 計画や金額を
わかりやすく納得できるように提示する必要がでてきたのですね。

sotoDesignでは
カウンセリングや商品の提案など 機能的な部分を充実させることと
どこにもないオリジナルなエクステリアをデザインする美的な部分を
両立させたいと考えています。
そのデザイン力 提案力が お客様から頂く費用です。
エクステリアも お家と同じレベルでの提案が必要ではないでしょうか?
その分が ただ施工するという外構業者さんのだす見積もりと比べて
高価だ それほど価値はない とお考えなら
土建屋さんに安く安く施工していただけば良いと思います。

一度この提案力やデザイン力を ぜひお試し下さい。
他社との相見積もりも どうぞ けっこうです。
比べて納得いただけると そういうご提案をしていると自負しています。
そしてご覧頂いたら なーんだ・・・と思うほど高価ではないことをご理解いただけるでしょう。

エクステリア施工をお考えの方 一度 ご連絡ください。

 

 

エクステリア業者を 住宅メーカーに紹介された方

家を建てるとき
エクステリアの業者に心当たりがないと言ったら
エクステリア業者を住宅メーカー紹介してもらった という方は多いかと思います。

そうなると そこと住宅メーカーが結託していて 高いんじゃないのか?
と思われる方もいらっしゃるでしょう。

住宅メーカーさんの紹介というのは 主に3パターンあります。

まず 系列にエクステリア部門がある住宅メーカーさんがあります。
これは設計もしてくれるし 建物と連動してくれそうだし 安心感ありますね。
次に 会社の系列会社ではないけれど
いつもエクステリアはここに頼んでいますので どうでしょうか? と言われる場合と
一般のエクステリア専門の会社を ご紹介しましょうか?と言われる場合があります。

この二つは 微妙に違っていて
もちろんどこまではっきり 営業マンが説明してくれるかわかりませんので
一概には言えませんが
2番目と3番目の大きな違いは 中間マージンです。
下請け状態になっているエクステリア会社さんにはバックマージンを課せられているでしょうからぶっちゃけていうと「紹介したんだから 少しこっちにバックしてね」という
約束ができているわけです。

もちろん 1番目のエクステリア部門がある場合 も 同じこと。
多くの住宅メーカーのエクステリア部門は 施工をするのは下請け業者です。
自社でエクステリア施工するわけではないので
エクステリア部門が営業していく分の マージンがしっかり乗せられています。
これが 安心料だ今後の保証料だと 思えるかもしれませんが
例えば 1年以内に 何かエクステリアで不備があって 無償でやりかえてもらうとします。
すると 施工も材料も 最初に施工した下請け業者さんが担い
住宅メーカーさんは 費用を払うことはありません。
泣くのは下請けさんで 住宅メーカーさんは痛くも痒くもないのが おそらく普通です。

でもお客様は 言える先がはっきりしている分 安心なんでしょうね。

もちろん 2番目 3番目 のパターンでエクステリアを発注されても
住宅を建ててからの施工の連動も おそらく問題ありませんし
施工後約1年以内の不備は 無償であることがほとんどなので
困ったら連絡されればいいと思います。それは 心配はいりません。

住宅メーカーさんを安心で手間がないと思うなら
住宅メーカーさんにお願いするのもありでしょう。

エクステリアの金額にも いろいろなからくりがあるのです。

 

 

 

 

 

エクステリア施工業者が 少なくなっています

今年の夏くらいから でしょうか。

お客様に 耳を疑うような話をお聞きしました。
なんでも 住宅メーカーで家を建てて住宅メーカーが紹介してくれた外構業者が
「忙しいから 施工ができません」といって なかなか見積もりに来てくれない とか。

施工を生業にしているものとしては 不思議な話でした。
お仕事があるなら せっせとお話をうかがって きちんと計画をして 提出し
ご契約をして 施工をする・・・もちろん よろこんで!のはず。
そんなことがあるのだろうか と思っていたら

このところ どうも施工を行う業者さんが 少ないようなのです。

弊社では デザイン設計とお見積りをして
施工は信頼出来る技術のある施工業者さんで 施工をしていただきます。
ここ数ヶ月 山のような物件の波がやってきて
一軒一軒ありがたく 計画とご提案を重ねていますが
残念ながら 施工をできる 手が空いている業者さんが
こちらの必要なほど いなのです。

いろんな方にご紹介いただいたり 以前お願いした施工業者さんに頼んだりして
なんとか 年内のお約束は業者の設定が都合付きましたが
どの方に聞いてみても
外構施工できる方が 忙しくて ほとんどつかまらないようです。

これは 大変困りもの。

この話を 設計関係の方に話すと
エクステリアやガーデンを学ぼうとスクールに就学する方も
どんどん減っているそうです。

ということは これからますます 施工できる業者さんが育たず
少なくなっていくのかもしれません。

以前にも書きましたが
もともと 造園業や左官業の方が エクステリア施工を始める場合が多く
造園の職人も募集をかけていますが 集まらないし
職安の方も 職人さんはすごく少なくなっています とおっしゃるのをみると
造園や左官業も 減ってきているのかもしれません。

ものづくり大国 ニッポン

ものを作る職人さんがいなくなるというのは なんておそろしいことでしょう。

 

汚れず 汗もかかず 一日屋外作業でもなく
そういった職種にばかり 人が集まってしまうのなら
日本は これまでの良い部分を 捨てていくことにならないかと
大変 これからが心配になる状態です。

ともあれ エクステリア施工を 安心しておまかせ出来る業者さん
今も探しています。

弊社の施工は 施工図面がしっかりあって 打ち合わせもきちんと行います。
むつかしい作業はありません
技術が高くなければいけないわけではないけれど
建売住宅の外構を施工するよりは ずっと 丁寧で きめ細やかな作業が必要です。

そういう意味では 「面倒くさい仕事」だと感じるかもしれませんが
建築寄りの 美しいエクステリアを目指して より研鑽したい施工者さんには
きっと やりがいをもってやっていただける 面白い現場だと思います。
設計も 施工も そろわなければ いいものが完成しません。
より いいものを作って お客様に喜んでいただきたい施工者さん
「へー こんなことが出来るんだ」と 近隣の方に声掛けしてもらえる経験をしたい施工者さん

一度 ご連絡ください。

 

「エクステリアセット販売」 の疑問

たまに見ることがある 敷地+建物+外構 のセット販売
不動産屋さんと工務店さんが一緒に宅地開発した町などで そういった販売の仕方をされています。

敷地を買うと 建物(数パターンがあり 選択できることもあります)とエクステリアまでもついてきます。
よくわかんないし 面倒じゃなさそうだし いいな!と思うかもしれません。
たしかに 建築って大変ですから すべて最初から最後まで一箇所でみてもらって
いいことも きっとあると思います。

でも ほんのたまに感じるのは 「そのエクステリア、本当はいくらなの?」ということです。

エクステリアは 建築の最後の部分なのですが 本格的にぐるりと施工すると部材や施工費 かなりかさみます。

ところがセット販売の時に多いのが「はい 完工しました」と言われると
機能門柱がちょいと立っただけの門まわり
ざっくりふぞろいなブロックが1段
植物が足元に5つほど
あとは 土間コンクリートでおしまい だったりするのです。

最低限のエクステリアといえば そうなのかもしれませんが
せっかくのご新築 完成がこれでは寂しい気がします。
ですが セット販売だと エクステリア部分単体での価格は よくわからない場合もあります。

そうなると ちょっと考えてしまうのです。
もしかして 建物でつけてもらった追加の分や 変更した部分のかかった費用のしわよせが
エクステリアの費用からでてるんじゃないのかな??

だとしたら・・・

エクステリアを仕事にしているものとしては とても残念なキモチです。
何度も書いてきましたが お家同様にエクステリアも大事な要素です。
しわ寄せ部分にしてほしくないなぁ。

もしか 勝手な邪推なら 申し訳ありませんww

エクステリア ポータルサイト

テーマを絞って検索する時に役に立つのがポータルサイト
エクステリア業者を選択するのに役に立つポータルサイトもあります。

一度はご覧になって ご自分の嗜好と合う業者を探してみることをおすすめします。
そして 各社のホームページもご覧になってください。
見ていくうちに 記憶にのこっていくホームページが大事です。
その会社をチェックしてみてください。

ご紹介したいサイトは2つ
ひとつはエクステリアポータルサイトとしては最大になる
「ガーデンプラット」さん
http://www.garden-plat.net/

エクステリアCAD最大手のRIKさんが運営しているサイトです。
ですのでおそらく こちらのサイトで見つけた業者は
美しいCAD図面でのプレゼンが可能な会社だということです。
テーマ別地域別など細かく分類されているので
よく調べて 各社の作品をご覧いただけます。
直接メールをして連絡をとることができます。

もうひとつは
「外構どこたのも」さん
http://docotanomo.jp/
こちらも それぞれ業者のアピールページや事例をみて
業者の選択を行うことができます。
こちらのサイトは 直接連絡をする(もちろんホームページが開示されているのでそこから直接連絡できますが)
以外に サイトを通じて呼びかけをすることができます。
こんなエクステリアを こんな場所に作ります と指定した業者にメッセージしてもらって
各社から返信があるので その反応を見て再度検討できます。
その中からもっとも気に入った会社に 依頼をすることができます。

住宅メーカーや施工店が紹介するエクステリア業者しか ご存じない場合
こういったポータルサイトは 便利だと思いますので
ご利用してみてください。
また 新しいサイトを見つけたら ご紹介していきます。