カテゴリー別アーカイブ: 造園や植木

実植物、確認の大切さ!

本日は、お客様のU様とsotoDesign及び
宝塚の金岡摂陽園社長とで大変暑い中になりますが
次回の工事で 実際に植える植物を下見に行き、
マーキングをしてきました。

最近では、自社畑を幾つも持っておられる植木問屋さんは
本当に少ないので
この様に 実際の植物を見せて頂けるところは
物凄く貴重な存在になりつつあります。

私どもsotoDesignでは
普段から3Dキャドにて、つぶさに内容はご確認頂いておりますが、
植物においてはキャドに入っているデータだけでは
サイズや茂り方など 中々イメージが掴めないので
お客様のご要望が有れば、同行頂き
現地で枝ぶりや大きさ等をご確認してもらっています。
実際にご覧になって 気に入って頂ければ
その場で、マーキングを行います(いわゆるお取り置きですね)。

私自身何度も同行下見を行っていますが、
何度経験しても言えることは 枝ぶりやスケール等
実際に目の前にしてみないとわからない事が一杯あります。

今日の下見でも同じ樹種なのですが、全く雰囲気が異なり
お客様のほうから「こちらの樹の方が好き」と言うお声を何度もお聞きしました。

暑い中ですが本当にご案内して良かったなという気持ちになりました。

勿論、樹医の金岡社長とデザイナーのsotoDesignが同行しておりますので、
あまり良くない選択をされようとした時は、きちんと説明をさせて頂き
ご理解・ご納得のうえ 変更をさせて頂くという作業の連続になります。

実際、お客様に対して植物の下見と言う事になっておりますが、
sotoDesignも知らない事をお客様と一緒に勉強させて頂いている感じです。
やはりプロ 金岡社長には何時も脱帽です!

ともあれ、本日の植物は有意義な時間になったと思います。
これらの植物達が 実際現場に収まった想像をすると
完成が 今から非常に楽しみになってきます。

外構、エクステリア、植栽の時期は盛夏過ぎ頃を予定しております。

一番暑い時期は植物にとってもベストな時期とはいえないので、
この時期は避けて施工に取り掛かる予定となりました。

このブログでも おって状況を紹介してまいります。

 

築山(小山)の使い方がちがう

デンマークオアスタットという街での写真です。
新市街の前衛的な建築や面白いパブリックスペースが沢山あるので有名なスポットです。
現在も建築ラッシュであちらこちらで工事等が行われています。
ここでは 気になる建築やその他沢山紹介したいものが沢山ありますが
順番に紹介していきます。

今日は 物では無く日本と北欧での築山のあり方について少しをお話します。

北欧ではいたるところに人工的に築山のような
高低差のある小山みたいなものが見られました。
日本の造園の技法の一つ 築山のようです。

 

                                               

日本での築山の考え方としては
限られた敷地の中で、広さを演出するために築山をしつらえたりします。
また そこには景石や植栽も沢山取り入れて
庭を創り上げていくことがほとんどです。

一方ヨーロッパでは
高低差の無い平らなところに 突然隆起してきたような小山を造ってあるのを目にします。
その小山の収めが方(流儀)が
日本とヨーロッパでは少し考え方が異なっていると感じました。

例えば築山の頂点から下り 平坦な場所へと切り変わる部位には
見切り材(芝などが思いもよらない所まで伸びないようにする枠のようなも)など全く無く、
しかも同じ材(芝など)で平らな地面まで仕上げてあることが多いです。

日本的な考えですと、
まず高い場所(築山)があるのだからその他の部位は低地となります。
低地と言えば 川や池ということで 枯山水等という考えになっていくのですね。
日本の庭は その場所で全てが完結してしまわなければならないという考えですが

ヨーロッパの考えは
決してその場所から見えないところへも続いている、という風な考えなのですかね。
見える部分で完成したものを見せる、
もしくは見えないところにも期待させるという方法の違いでしょうか。

私自身、ヨーロッパ的考え方も嫌いでは有りません。
普段のデザイン思考中には 無意識にヨーロッパ的考えで進めている事も
しばしばあるようです。
なにより同じ材料(芝などで)築山から地面迄の全てを造る方が
シンプルに収まり 好印象になる事も沢山あると思います。

このように風景の一部として見える小さな小山(築山)だけ取り上げても
日本とヨーロッパの違いは確実にあると感じたうえで、
外構のデザインにも応用できる考え方だと強く感じましたので
今後のプラン作製時に活用していければと思います。

樹木医さんとのお話

このブログで何度か紹介させてもらったことのある、
㈱金岡摂陽園の社長であり樹木医でもある
金岡社長に色々とお話や打合せをさせて頂きました。
(勿論 直近で植えなければいけない植物についても打合せました)

当社先代の頃からのお付き合いで、私自身が子供の頃から知ってはいますが
事務所に来てもらい 仕事の話をすることは一度もありませんでした。

 

いつもは 金岡さんのお店や畑で世間話やちょっとした事を話すぐらいで、
席について時間をとって ゆっくり話をすることは記憶にはないです。
今日はどうしても見て頂き、聞きたいことがありましたので、無理いってお越し頂きました。

それは、先代が大事にしていた黒松の調子の事です。
会長が亡くなってから ここ数年 なにか調子がよくなくて
だからといって 全て枯れるわけでもなく、、、

金岡社長に見てもらい 第一声目に「松の材線虫やね」

大量に入っているのではなさそうなので 自分達でもできる処方を聞いて
当社職人と実行していきます。
第一次の手当完了までだと 晩秋ぐらいまで掛かりそうです。
それでも絶対に大丈夫だと言えないらしいですが、先代が大事にしていた黒松ですので
出来る事はすべてやりたいと考えております。
無事回復した暁には またみなさんにご報告したいと思います。

松を診てもらったあと
数日後より着工する高槻市の新築エクステリア工事の植栽についての相談と
吹田市のお庭の大きな物件で 植栽工事のご依頼いただいているので
こまかな内容を プロ同士相談をさせて頂きました。

今回 普段使用している樹木の規模ではなく、
高さ5メートル級の樹木を 多数扱わねばならないので
自分自身で植栽計画した図面をCADで回しながら詳しく説明し
その後 金岡社長にご意見をお聞きしました。
自分よりはるかに経験のある植木専門の方のご意見
自分が想定するのと 全然違う樹種が出てくるのかなの思いましたが、
基本的には
自分の考えた植栽プランを認めてもらい、少し安心しました。(勿論変更点もありました)

大きな樹木を扱うプランなので、
現場への取り込み方法やクレーン業者さんへの取次まで
しっかり打ち合わせることができました。背中を押してもらえて 一安心しました。
図面はほぼ完成していて 後はお見積り関係の作成、そして今週末のプレゼンに挑みます

精一杯やってみます!

仕事の話を終え 世間話や先代との昔話し、樹木医になられた経緯等々
あらためて色々なお話が聞けました。
普段 聞く事が恥ずかしいような初歩的なことも親身に教えていただき確認できました。
本当にうれしく ありがたかったです。
当方事務所にお越し頂いたうえ、特別講習を贅沢に一人で受けさせて頂いた気分です。

今日は有意義な時間を頂きました、
㈱金岡摂陽園社長の金岡さん、本当に有難うございました。
このブログ書き込みの最中にも
帰社されていた金岡さんから早くも見積もり資料が送信されてきて お電話まで頂きました。
後日 金岡社長達に植え込みを共にしていただく約束です。
現場でご一緒できるのを楽しみにしています。
心強く 学ばせていただけることがきっといっぱいあるでしょう。

まずは、sotoDesignがお客様に良いプランを提出してご満足いただくこと。
初回プレゼン、より一層力を入れて参ります。

「金岡社長、頑張ってきますね」

 

小さな苔玉の大きな力

当社の中の1部門であり じわじわと時間をかけ育ってきている
「moss-t」という 苔玉やリース飾りなどを創作している部門があります。
色々な人や デイサービス イベントや企業からお声掛け頂いているようで
以前は ラジオのゲストで苔玉の事をお話させていただいたり、
ご依頼があれば 販売だけでなく 講師としてレクチャーしに伺うこともあります。

苔玉が私の物件に直接関わる事はこれまでありませんでしたが
sotoDesignの事務所の装飾やお客様へのプレゼント・お礼に 苔玉をお渡しすると
たいへん喜んで頂けます。

私が苔玉について 深く語れる訳ではありませんが、
やはり観ているだけで心が落ち着きます。

特に緑が全くないデスクの上やフローリングの上に置いてあるだけで
空間の雰囲気を一瞬にして変えてしまうだけの力があると心から思います。
むしろモダンな空間にもよく馴染む少し変わった力を備えていますね。
なんとなくですが
私の創るコンクリートやタイル等の中にポツンと配置されている植物達を思い出しました。

いつも 外構という大きな空間で 実際の植物を植えて感じていることを
物凄く小さなミニチュアサイズになっても同じように得られるのは
どこか不思議な感じさえします。

和モダンにも通じるこの雰囲気
年代性別問わず 皆様が好きなインテリアグリーンです。

 

 

 

お庭で使う植木の仕入先

本日も植物の事についてお話をしてみます。
皆さんのお家に植えてある植木や、これから植えようとしておられる植木などは
どこからやって来るか考えたことはありますか?

以下の略図をご覧下さい

生産者→植木問屋→造園屋等の工事店もしくは園芸店→お客様

おおむね上記の流れでお客様の元へ届きます(例外はありますが)。

私がエクステリアのヒアリング中にお客様に同じ質問をすると
「え~と、山からもって来るのでしょ?」という方が かなりいらっしゃいます。

中には、山取り(山の持ち主に了解を得て直接山から掘り上げる手法)もありますが
ほとんどがそういうことではありません。

大多数の植木たちは生産者が育てた後に 植木問屋さんが仕入れて、
それらが商品(植木)として現場へ収められるという流れになるのですが、
最近少し流れが変わってきているようです。

これは 先代からお付き合いがある㈱金岡摂陽園さん(植木問屋さん)の社長から聞いた話です。
金岡摂陽園さんは 大阪府の植木どころ 宝塚市山本にある植木問屋です。
金岡さんのところには畑がいくつかあって 必要なら見に行くことができるようになっていますが
金岡社長がおっしゃるに
「宝塚市でも畑(ストックする土地)を持って営業している植木問屋は今はほとんどないのでは?」
との事だそうです。ちょっとびっくり。

理由は単純です。
広大な畑(土地)を保持しながらでは経費がかさんで経費倒れになるからだそう。
植木が昔より売れなくなった現代では なかなかシビアなところです。
それでも企業努力でこの流通形態を守られているのには頭が下がる思いです。

実はこの「畑を持っておられる問屋さん」がお客様にとって
非常に重要なポイントになってきます。なぜなら、植木にも慣らしが必要なのです。
一度掘り上げて現場に納入するまで そこで馴染んでもらうという大事な工程なのですが
保管用畑があるから実現できる事なのです。

私達デザイナー側から見てもメリットは沢山あります。
それは現場に合う植木を 現物をこの目で見て選定出来るという事。
同じ樹種で 同じようなサイズでも 枝ぶりや雰囲気などは一本一本全て違うからです。
ご希望があれば お客様もお連れして ご案内しながら現物確認をして頂けます。

こちらにとったらメリットでしかない畑(保管場所)を持ちながらの経営され続けている問屋さん
真摯に取り組んでおられるこの問屋さんの植木は間違いが無いと感じながら
先代からの ながいお付き合いをさせていただいてます。
無理も言ったり相談も聞いてくれて ありがたいです。

お客様の大切なお家に納入されていく植物達は、
努力を惜しまない 有能な問屋さんが守り育て そこからやってきています。
今はインターネット等で植木をご購入出来る時代ですが、
植え替え済の適正な植木かどうかということだけは 先方にご確認頂く事をオススメします。

 

 

 

外構完工が近づいています

外構工事の仕上げ段階に入りつつある現場へ
植木など 植栽を植えるために弊社の造園部を連れて行きました。

施工は天気にも恵まれてスムーズに行われてきて



職人さんによって ガレージ土間も整い門柱も積み上げてだんだん形ができて

 

すでにフェンスなども取付けてあります。

そこへ 植栽をしていきました。

先日も書いたように 無機質な外構のなかに鮮やかな緑が入ると
印象も変わり ホッとした空間になります。
たとえこれが 本当に少しだけのグリーンであっても同じことで
それぞれが完成したパーツたちを丸くまとめてくれるのが 植栽です。
なかなか都会では植木を植えるスペースが取れないものですが
たとえ1本でも 足下に下草だけでも植えると良いと思いますよ。
季節感もあるし 癒やされるはずです。

今回の門柱は 角の一部を大きく面取りして ステンレスを貼りました。
縦のシャープなラインが入って ぐっと引き締まります。

さて完工までは あと少しです。

緑のちから

緑(植栽)の力について 今日は書きたいと思います。

あまりイメージが無いようですが、私sotoDesignは
造園屋の二代目になります。
物心付いたときには、植木や石、職人さん達にかこまれて育ったので
逆に当たり前すぎて
植木などに特別な思いも感情も少なかったように思います。
実際に若い頃から今まで作ってきた外構作品において、
植物は全体のバランスをとり空間をうまく繋げるための物という解釈をしていました。
緑が嫌いだったわけではないのですが
竹本造園と名がつくわりには
緑(植栽)に力を入れて庭が印象的でキレイな外構プランは 正直あまりありませんでした。
植木は脇役で 創作物がメインというような考えが自分の中で成立していたように思います。
ところが最近 歳を重ねて 少し緑(植栽)の魅力や恩恵を肌で感じられる様になりました。
最近も sotoDesignの事務所前に 少し大きめの植木を入れてみました。

 

植栽を入れる前の写真と入れた後の写真は全く違った空間になっていますよね。
植木の生命力 緑のちからが溢れてくるようで
とても心地よい場所になったようです。

ガーデニングに力を入れる人の気持も 遅ればせながらわかる気がしますが
自分が緑をつかうと ガーデナーの方や造園士さんが創る作品とは
やはり少し違う雰囲気になります。
好きか嫌いかは 各々見る人におまかせするとにしましょう。
人の嗜好は なかなか変えれるものではないので
sotoDesignがつくるとどうしても
ガーデナーさんのような植物をとりどり集めた華やかな緑化にはなってません。
どうしても 外構空間のパーツの一つとして プランの中に活かす扱いになっていますが
このシンプルさは仕方がありませんね。

ただ、確かに 植木があるととても豊かな空間になります。
緑の力とは どの様に配置するとか、何の種類を植えるとかではなく
植物や植木そのものがあるだけで空間を魅力的に見せてくれるのだと思います。

シンプルでも和風でもガーデン調でも 緑のちからは必要なのです。

今後も私の作るシンプルな外構を引き立ててくれるように
植木や緑をうまく配していけたらいいなと思います。
おのずとその外構は良いものになるでしょう。

 

 

竹本造園 造園部 春の植木手入れ

外構専門のsotoDesignの母体 株式会社竹本造園では
年明けから春のあいだに 松のお手入れ 剪定や消毒と
樹木やお庭の寒肥料やりの作業
それから 年末までに剪定をされていなかったお庭のお手入れをしております。

春から夏へ向かい 暑くなってくれば
新規のお客さまのお手入れが なかなかできなくなってきます。
なぜかというと 固定のお客様のお庭の手入れ剪定消毒の予定が
年内いっぱいに詰まってしまっているからです。
おまけに 屋外の作業ですので天候に左右されることも考えられます。
雨が多い年は どんどん予定がずれて慌てることに。。。
なので 少し余裕をみながら それでもぎりぎりタイトな予定で
年末までいっぱいになっているためです。

なので新規のお客さまや松など手間のかかる樹木(松はもともと3月までの手入れが望ましい)は
この春先までに 作業にかからせていただいております。

また 造園工事やお庭まわりのちょっとしたメンテナンスに
例えば不要な植木鉢の片付け廃棄や 花壇の植替え
その片付けに準じて 高圧洗浄による掃除も行っています。
高圧洗浄は 洗剤を使用しないで水圧だけで たまった泥や砂 ホコリをながし
タイルや土間の汚れや 緑色になったコケなど洗い流すことができます。
リフォームしたようにすっきり明るくなるので 春の明るい日差しになる前に
一気に洗浄すると気持ちが良いものです。
あとは
暑くなるとぐんぐん伸びて困る雑草の対策に 除草シートの施工だったり
水やりのお手間を軽減する 自動散水の設置など
今 やっておくと その時期に活躍してくれる様々なメニューも
今なら 作業させていただけるので 一度お試しいただけたらと思います。

メニュー一覧

☆ 高圧洗浄 (半日)¥6,000

ご自宅のお水を使用させていただき 高圧洗浄機で洗浄します。
その際 不要なものを移動させ 必要なら廃棄いたします。
土間の黒ずみや緑のコケ タイル目地の泥汚れなど こすらずきれいになります。
※ 古いグラベルなど水圧に耐えられないものもありますので 先にご相談させていただきます。

☆ 草引き・低木葉刈り・鉢植えの片付け・花壇作業  (半日)¥6,000

雑草の草引き 胸の高さまでの低木葉刈りを半日作業いたします。
枯れた鉢植えは中身を捨てる もしくは鉢ごと処分(量によって廃棄有料 最大¥2,000まで)
鉢植え花壇の植替え 土をほぐし植え替えます(土交換や植物は実費にて)

☆ 除草シート  (価格は面積によります)

見える雑草をひき 表面の土を少しすくいだし 除草シートをしきます。
ご要望があれば その上から砂利をまきます。
雑草は 日光を遮断されて生えにくくなりますが最初の年は 以前に潜り込んだ種があったりするため
多少雑草が生えてくることがあるのをご了承ください。
材料をご用意いただいていれば作業人夫だけの費用でかまいません。

☆ 松の手入れ  (1日)¥25,000~

安価な植木屋に頼んで後悔された方いらっしゃいませんか?
松やマキなど 技術のいる樹木は専門のものにおまかせ頂くほうがいいと思います。
プロの植木屋による丁寧で確実な作業を ぜひお試しください。
※樹木のサイズによって または いつから手入れしていないかによって
1日で終わらない場合があります。1日でできる範囲で というご相談もお受けします。
松だけ というご希望もお聞きしています。

基本 造園部は剪定や消毒など
専門の作業につきましては 1日¥25,000で作業しております。
ゴミを持ち帰るときには 少¥5,000~大¥12,000となっております。

植木屋もかなり減少しており 何でも屋みたいな植木屋が横行しています。
悪いとは言えませんが 樹木の様子を見せていただくと やはり
専門は専門の技術があると思います。
少し 何でも屋さんよりは高価かもしれませんが
一度お試し頂くと ご納得いただけるとおもいますので
ぜひ お気軽にご相談ください。

もちろん
造園工事 外構工事の設計施工も承っております。

 

季節感を感じる樹木

いま お庭のある新築は少なくなっています。

小さなお庭には 樹木を植えるほどのスペースがとれなくて
庭木というものは あまりなくなってしまいました。
植木生産しているところは 大変なようですが
植木剪定業も同じく 手軽な洋木ばかり販売されるので 植木職人に手入れを依頼するお宅も
随分減少している実感がありますね。

それでも 庭や 門の前にシンボルツリーを植える場合はあって
ソトデザインのようなシンプルモダンがメインの外構でも
1本 余裕があれば複数の 樹木をご提案させていただいています。
先代からの付き合いのある 植木の産地宝塚山本の 植木屋さんで用意します。
ご希望があれば 現地で植木をご覧頂くこともあります。
でも 密集した植木畑で見るのと ご自分のお庭にぽつんと植えるのとでは
印象が違うので なかなか素人の方には 見極めが難しいでしょう。
アドバイスしながら 樹種だけでも確認いただくといいのかなと思ったりします。

樹種ですが
いろんな考え方があって 常緑の樹木がいいという方も結構いらっしゃいます。
落葉樹だと 真冬が寂しいから いつも葉っぱのある樹種がお好みという場合には
そういう常緑のものをご提案します。

また
季節感のあるものがいい モミジとかハナミズキとか
樹種がはっきりされている方ももちらんいらっしゃるので
樹木の背の高さや葉張りなど ご説明して選んでいただきます。

季節感のあるものは 当然 季節が来れば落葉します。
お掃除が大変になりますので そのあたりは覚悟いただいて(笑)。
ただし 新芽の季節になると 色鮮やかな柔らかい新芽が生えてきて
風景を一変させてくれます。
早春に黄緑の色がどんどん増えて 門前を明るくしていくのをみれば
落ち葉の掃除も 仕方ないと思っていただけるかもしれませんね。

今回はシンボルツリーに既存のモミジを使用したこの作品をご覧ください。
Y-1

「ドラマティックな設計」http://g-net.main.jp/w1d_takeda.html

樹木のことも 植木専門の造園部を併設する ソトデザインなら安心です。
押し売りはしませんが その後の庭木のお手入れ 消毒や剪定もご希望があれば承ります。
世間では植木屋さんも減ってきていますので 将来の庭のお手入れもお手伝いできること
みなさんに 喜んでいただいけているようです。

ご興味がありましたら お気軽にご連絡ください。

 

チャドクガにご注意

エクステリアと造園に従事していると
つきものなのは ケガと熱中症と毛虫の被害です。

先日 息子が手入れに参加した際 毛虫の被害に遭いました。

10659157_705415249542051_1590429438909640078_n

チャドクガのようです。

ちかちかする!といって すぐに着替え
ガムテープなどで毛を取り除くと良かったのですが 夜には この状態です。

痒くて 皮膚が熱い たいへん辛かった様子でした。

皮膚科で診察していただき ステロイドとアレルギー薬を投与して
しばらくすると 赤いつぶつぶが小さくなって だんだんよくなってきているようです。

 

チャドクガは 椿やさざんかについていることが多く
たとえ消毒して虫が死んでしまっても 針(毛)が残っていれば擦れるだけでも症状が出ます。
春や秋には よく見受けられますので ぜひ !ご注意ください。
特に今年は 雨が多く湿度が高いせいか 虫の被害をよく聞きます。

みなさんも お気を付けください。