見習いたいデザインディテール

デンマークオアスタットの街を歩いていて
気になったディテールがいくつか有りましたのでご紹介します。

写真をご覧になり何か気づかれましたか?

 

花壇を注意深く見て下さい、花壇自体が薄くありませんか?
そうです、花壇自体を10㍉程のスチールで作り塗装し、そのまま地面に設置されています。
日本ではまず見ないデザインディテールです、余りの潔いデザインにビックリさせられました。
写真を撮る際に独り言で「これでいいやん」と言ったのをハッキリ覚えています。
見ての通り究極のシンプルさ、材料を積み上げたとか、貼ったとか
何か操作をしたのではなく
材料そのものが形態を成すというこれ以上のシンプルさは無いという状態です。
ここまでくると、提案した側とされた提案を承認した側両方をたたえたくなります。
日本では受け入れられない工法やデザインも
こちら北欧では普通に受け入れられるのですから驚かされます。

デザインに対する懐の深い民族なのでしょう。
私達も見習いたいところです。
日本人的考えでいくと
まず、危ない、錆びる等のネガティブな事ばかりが先に立って
デザイン云々は後回しになるのでしょうね。

でもこのハードルを超えなければ良いデザインやディテール等はでて来ません。
この様に海外には見習いたいデザインディテールが沢山あります。

sotoDesignではこれら時間をかけてでも、
これらにも負けないようなデザインディテールに取り組んでいき、
お客様に喜んで頂ける外構デザイン提供に注力していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です