実植物、確認の大切さ!

本日は、お客様のU様とsotoDesign及び
宝塚の金岡摂陽園社長とで大変暑い中になりますが
次回の工事で 実際に植える植物を下見に行き、
マーキングをしてきました。

最近では、自社畑を幾つも持っておられる植木問屋さんは
本当に少ないので
この様に 実際の植物を見せて頂けるところは
物凄く貴重な存在になりつつあります。

私どもsotoDesignでは
普段から3Dキャドにて、つぶさに内容はご確認頂いておりますが、
植物においてはキャドに入っているデータだけでは
サイズや茂り方など 中々イメージが掴めないので
お客様のご要望が有れば、同行頂き
現地で枝ぶりや大きさ等をご確認してもらっています。
実際にご覧になって 気に入って頂ければ
その場で、マーキングを行います(いわゆるお取り置きですね)。

私自身何度も同行下見を行っていますが、
何度経験しても言えることは 枝ぶりやスケール等
実際に目の前にしてみないとわからない事が一杯あります。

今日の下見でも同じ樹種なのですが、全く雰囲気が異なり
お客様のほうから「こちらの樹の方が好き」と言うお声を何度もお聞きしました。

暑い中ですが本当にご案内して良かったなという気持ちになりました。

勿論、樹医の金岡社長とデザイナーのsotoDesignが同行しておりますので、
あまり良くない選択をされようとした時は、きちんと説明をさせて頂き
ご理解・ご納得のうえ 変更をさせて頂くという作業の連続になります。

実際、お客様に対して植物の下見と言う事になっておりますが、
sotoDesignも知らない事をお客様と一緒に勉強させて頂いている感じです。
やはりプロ 金岡社長には何時も脱帽です!

ともあれ、本日の植物は有意義な時間になったと思います。
これらの植物達が 実際現場に収まった想像をすると
完成が 今から非常に楽しみになってきます。

外構、エクステリア、植栽の時期は盛夏過ぎ頃を予定しております。

一番暑い時期は植物にとってもベストな時期とはいえないので、
この時期は避けて施工に取り掛かる予定となりました。

このブログでも おって状況を紹介してまいります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です